個展開催します!「現在の青図ー浅見俊哉作品展」
来る2017年11/30(木)-12/3(日)

2014年以来3年ぶりの東京での個展を開催します。

どうぞみなさまご来場いただければ幸いです。

d0135521_11344087.jpg


●企画案内:

 浅見俊哉はものを直接、感光面に置き一定の太陽光を当てることで写真を制作しています。浅見はカメラを使わずに写真を撮る作家です。浅見にとって写真は「日焼け」です。感光面に当たる光とものがつくる影の差で像を得るフォトグラム(カメラを用いず写真を制作する方法や作品)を2004年から積極的に発表しています。海水浴に出かけた時、海水パンツの跡が身体に写るそれは、浅見にとって最も身体性を持つ写真の一つです。

 今回の企画は、2017年9月に群馬県中之条町で開催された 「中之条ビエンナーレ2017」で発表したインスタレーション『Shadow of Lives -2017 』を再構成し発表します。また被爆70年の節目の2015年に広島で発表した『呼吸する影−シダレ
ヤナギ−』を東日本で初めて展示します。

 展覧会関連企画では、人間の生活には欠かせない「つくること」、「食べること」、「寝ること」にフォーカスした企画を行い、「生きること」、「生活すること」について改めて感じ、考える機会になれば幸いです。どうぞお気軽にご来場、ご参加ください。

●作家紹介:

浅見俊哉(Shunya.Asami)
1982 東京都葛飾区生まれ
写真作家・ワークショップデザイナー・キュレーター

 主にカメラを使わずに写真を撮るフォトグラムの手法で作品制作を行う。代表作は、東日本大震災を契機に広島に訪れ、2012年から毎年、広島の被爆樹木を撮り続ける『呼吸する影-被爆樹木のフォトグラム-』がある。

 主な作品発表は、Mite!おかやま(岡山県立美術館 2006)、Eternal Echo(NY・A-forest-Gallery 2007)、
呼吸する影(新宿・大阪ニコンサロン 2014・旧日本銀行広島支店 2015・galleryG 2015など)、かがわ山なみ芸術祭(2013・2016)、さいたまトリエンナーレ(2016)、中之条ビエンナーレ(2017)など。

 主なワークショップは、モホイ=ナジ・インモーション展関連WS『影をつかまえる』(神奈川県立近代美術館・葉山/DIC川村記念美術館 2011 )、紙上の技法学関連WS(武蔵野市立吉祥寺美術館 2012)など多数。

WEBSITE: http://asa19821206.wixsite.com/shunya-asami

d0135521_11464688.png

d0135521_11465092.png

d0135521_11344583.png

●展覧会関連企画:

①フォトグラムワークショップ

カメラを使わずに写真を撮るフォトグラムを制作します。
手元でじわじわ映像が生まれる体験をお楽しみください。

・会期中全日13:00-15:00
・作品制作のモチーフとして、大切にしているもの、集めているもの、生活の中にあるものを持参してください。
・参加費1000円・予約不要



②対話型鑑賞&ギャラリートーク

仕事帰りやお出かけ帰りにギャラリーに寄って作品鑑賞!
参加者皆で作品をみて、はなす鑑賞会と作品や制作につい
て作者が話をします。

・12/3(日)を除く会期中全日20:00-21:00
・参加費1000円(ワンドリンク制)



③忘形会・影鍋パーティ

作品をつくることと食べることの連動企画
食材の影をフォトグラムで記録してから鍋をいただきます
暖かい鍋を囲んで作品を楽しみましょう!

・12/2(土) 19:00-22:00
・定員25名(予約制: shunya.asami@icloud.com
まで、氏名、連絡先を明記し申し込んでください。)
・参加費3500円(ドリンクは別料金)



④作品の中で眠る

展示作品『フォトグラムベッド』の中で実際に眠ることが
できます。近くの銭湯「ニュー松の湯」の入浴付き。
③の影鍋パーティと合わせて体験下さい。


・12/2(土)-12/3(日)
・定員5名(予約制: shunya.asami@icloud.com
まで、氏名、連絡先を明記し申し込んでください。)
・参加費7000円(銭湯入浴付き)
影鍋パーティと合わせてご参加の方は10000円
また作品購入の際20%割引になる特典付き

●会場:

EARTH+Gallery

〒135-0042
東京都江東区木場3-18-17
tel:03-3630-1655

d0135521_11470882.png




[PR]
# by shunya-asami | 2017-11-08 11:35 | NEW!最新情報 | Trackback | Comments(0)
和紙のふるさと小川町でフォトグラムワークショップ

【和紙のふるさと小川町でのワークショップレポート】


去る11/5。

秋晴れの気持ちよい日差しの下、和紙のふるさと小川町で、和紙に小川町古寺地区の記憶を焼きつけるフォトグラムワークショップを開催しました。


d0135521_10392648.jpg


ワークショップは、地域の定例の集まりの中で開催され、グランドゴルフ大会の後、ワークショップ、お昼を皆で食べるという催し。十文字女子大学の松永先生がこの地域に数年前から入り、様々な伝統芸能や文化をリサーチしています。6名の学生さんもスタッフとして入り活躍してくれました。


多世代の住民が顔を合わせ、お互いを知ることを目的として開催されている企画の中、参加者それぞれが持ってきた思い出の品や古くから使っていた道具などを小川町の和紙に焼き付けました。


d0135521_10393664.jpg
d0135521_10393960.jpg
d0135521_10394375.jpg


特に冬に紙漉きをする手を温める道具「だるま」はこの地域ならではの道具で、かつては家庭に必ずあったものだそうです。


この日は晴天で約15分の露光時間。風が強く軽い素材は飛ばされてしまうアクシデントもありましたが、感光を待つ間、地域の話や和紙の話を聞きながら過ごす時間はとても和やかでした。


現像をしてみると鮮やかな青の中に、参加者の持参したものの影が焼き付きました。影になって意外な形で写った作品を見て驚く皆さん、「次回持ってくるものを家で探しておく!」という方も。またお会いできるのがとても楽しみです。


d0135521_10394100.jpg


追伸:和紙を提供してくださった方のお宅に訪問し、和紙について色々お伺いしたところ、昔は蚕の卵を和紙につけて販売するのに小川町の和紙が全国的に使われていたようです。群馬県中之条では、養蚕の文化に触れることができた中、小川町の和紙から養蚕に繋がったことに驚き。和紙が生活の中でとても重要な役割を果たしていたことを改めて実感しました。


d0135521_10394977.png




●関連リンク

・小川町七夕まつりでフォトグラムワークショップを開催しました!
http://asaworks.exblog.jp/25016182/


・『私の夜空をつくろう!』フォトグラムワークショップ@十文字学園女子大学
http://asaworks.exblog.jp/24754325/


[PR]
# by shunya-asami | 2017-11-08 10:40 | フォトグラムWS実践編 | Trackback | Comments(0)
ヒロシマでの対話(2015年8月被爆70年の節目にて)

【制作の現場】


2015年被爆70年の節目の年の8月。
ヒロシマで会ったEmilyさんがテキストを送ってくれました。
彼女はマンハッタンプロジェクトの科学者の孫娘です。

ヒロシマや戦争のことを独自に調査する為ヒロシマに来ていたところ、個展をしていた私の作品を観てくれてインタビューを受けました。ギャラリーの中での穏やかな対話は私を次の場所(祖母の故郷の福島県川内村)に向かわせる動機ともなりました。

彼女は『呼吸する影ー被爆樹木のフォトグラムー』の作品について自身のエッセイのなかで以下のように書いてくれました。


d0135521_08360983.jpg
d0135521_08360545.jpg
d0135521_08360278.jpg


d0135521_08355701.jpg
『呼吸する影ー被爆樹木シダレヤナギー8:15 8/6 2015』

以下テキストから抜粋

...
I met an artist, Shunya Asami, who makes images of trees that survived the bombing by exposing large sheets of photographic paper to the dappled light beneath their leaves. The trees are called hibaku jumoko; while 67 percent of Hiroshima’s buildings were severely damaged or destroyed, about 170 trees, ginkgos and weeping willows, camphor, cherry, and eucalyptus, survived, re-sprouting from still-living roots or sending new branches from scorched trunks. In Asami’s images, the leaves come out dreamlike, silhouetted in blue, edges dark and crisp where they held still during exposure, hazy where they moved in the wind. In English, the project translates to “Breathing Shadow of A-Bombed Trees.”

As I sat with Asami in a small, light-filled gallery surrounded by his prints, he explained that the trees offered a way to commune with the past that the official memorials did not. The A-Bomb Dome, sitting on the northern edge of the Peace Park, is perhaps the city’s most iconic monument: The palatial municipal building, almost directly below the bomb’s explosion, was severely damaged by the blast; now its skeletal ruins sit in a state of arrested deterioration, preserved to stand as a testament to the bomb’s devastation. Asami felt alienated by the monument. Time had stopped there at seventeen seconds past 8:15 a.m. on August 6, 1945. “Living things cannot intervene or enter,” he told me. I understood how he felt. Though Hiroshima is now a thriving modern city, it is impossible to escape August 6th, 1945, as if history had begun on that day. Most of the buildings are new, as most of the city was leveled, but the ones that survived the blast are marked with signs noting their distance from the bomb’s explosion, past and present overlaid with a geography of destruction written in concentric circles radiating from the center of destruction.

In the a-bombed trees, Asami found life despite damage, the way the trunks twisted around their scars. They were marked by the past, but not frozen in it. To me, they offered a way of thinking about the life, and pain, that continue after detonation.
...

彼女のテキスト全文
https://catapult.co/…/bombed-without-a-bang-the-nuclear-cri…



●関連リンク


・呼吸する影ー被爆樹木のフォトグラムー
@gallery G 展覧会リポート
http://asaworks.exblog.jp/22052217/
http://asaworks.exblog.jp/22066887/


・被爆樹木を撮影する動機に付いて
http://asaworks.exblog.jp/23432576/


・福島県川内村での制作

[PR]
# by shunya-asami | 2017-10-26 08:38 | 展覧会・作品:2015 | Trackback | Comments(0)
写真集「呼吸する影ー被爆樹木のフォトグラムー」発売!

【電子書籍発売開始しました】


d0135521_21230851.jpg


電子書籍版の写真集「呼吸する影ー被爆樹木のフォトグラムー」発売になりました!

今回の電子書籍は2014年に100部限定で発売した写真集のグレードアップバージョンになります。

ぜひDWしていただき、お手元の機器で作品を鑑賞していただければ幸いです。


内容紹介:

『呼吸する影ーBreathing Shadow of Bombed Treesー』は、ヒロシマにある「被爆樹木」の影をフォトグラムの手法を用いて直接感光紙で影を撮影した写真集です。

「被爆樹木」とは、爆心地から約2km圏内で被爆した木を指します。1945年8月6日の原爆に耐え、現在も力強く生きる姿を感じながら制作しました。写真集を通して多くの方に被爆樹木の「今」を感じて頂ければ幸いです。


購入はこちらから


●DL market

https://www.dlmarket.jp/products/detail.php?product_id=538340

d0135521_21240211.png


●Amazon Kindle

https://www.amazon.co.jp/dp/B0763GYQR7

d0135521_21234845.png




[PR]
# by shunya-asami | 2017-10-16 21:24 | NEW!最新情報 | Trackback | Comments(0)
中之条ビエンナーレ終了!ありがとうございました!!

【中之条ビエンナーレ2017】


昨日を持ちまして9/9からの会期を終了しました。


d0135521_10100962.jpg

ワークショップ6回、パフォーマンスを2回と作品制作以外でも様々な企画で多くの方と充実した時間を過ごすことができました。


会期1カ月、制作期間を合わせると約半年間、来場者の方々、地域の方々、事務局の方々を始め参加しているアーティストの皆様にも大変御世話になりました。

深く御礼申し上げます。


中之条ビエンナーレ最高でした。ありがとうございました。


d0135521_10102941.jpg
d0135521_10103361.jpg
d0135521_10103663.jpg


d0135521_10103953.jpg
d0135521_10104505.jpg
d0135521_23443523.jpg




[PR]
# by shunya-asami | 2017-10-12 10:12 | 中之条ビエンナーレ2017 | Trackback | Comments(0)



浅見俊哉作品集    ©2016 by Shunya.Asami 全てのテキスト・画像の無断転載は固くお断りいたします。
by shunya-asami