カテゴリ:展覧会・作品:2008( 6 )
『またたきの間』
『またたきの間』

d0135521_2135157.jpg



サイズ可変

インクジェットプリント

制作年2008年

発表展覧会: 「みる」をみる―みるの連鎖で自分をみる―展

会期:2008年12月20日(土)・21日(日)
時間:午前11時~午後7時
場所:KAPL―コシガヤアートポイント・ラボ費用;入場無料









以下展覧会コンセプト

d0135521_1435175.jpg



 展覧会では、鑑賞者の「みる」が次々に蓄積し残っていく仕掛けをします。
その仕掛けとは、ふきだしカード、ボイスレコーダー、ビデオを使って、前の鑑賞者の作品を「みる」ことをみれることです。
作品をみて思った事や発見したこと、感想などの自分の意見をふきだしカードに記入し作品の周りに貼っていきます。
また作品を通して生まれた会話をボイスレコーダー、動作をビデオで記録します。


 難解な現代アートに限らず、私達は《分からないもの》に出会った時、何だろう?と自分の知識や経験を基に、目の前にあるそれを理解しようとします。
しかし、それでも分からない時、どうするでしょう?

 多くの場合、他人に意見を求め、自分の意見と照らし合わせることで、もう一度「分からないもの」を「みる」のではないでしょうか。

 今回の展覧会で出会う作品又作品を通して生まれた、自分の意見と似ていたり、間逆だったり、思いがけなかったりする仕掛けでみることのできる「みる」を是非体感しに来て下さい。

たくさんの人の作品を通して生まれた「みる」の連鎖で、自分の価値観に一石を投じる機会になれば幸いです。

展覧会会期レポート
[PR]
by shunya-asami | 2011-02-09 01:45 | 展覧会・作品:2008 | Trackback | Comments(0)
『呼吸する風-The breathing Wind-』 
コピアートという感熱紙を用いて撮影した「風」を撮影し、動画にした作品



『呼吸する風-The breathing Wind-』 

Time:47seconds

コピアートを用いたワークショップの様子はコチラ↓

http://asaworks.exblog.jp/i11/



d0135521_10342926.jpg

[PR]
by shunya-asami | 2010-03-09 21:48 | 展覧会・作品:2008 | Trackback | Comments(0)
『またたき2008』
タイトル:『またたき』
d0135521_2157947.jpg



d0135521_21573094.jpg


制作年:2008
素材:インクジェットプリント
サイズ:329mm×483mm 20枚

作品展示歴:

①『ナガノアートチャレンジ2008』
 2008.8/23  東御市梅野記念絵画館(長野県)
②『MAP2008-PreExhibition』
2008.10/18 越谷市中央市民会館(埼玉県)
③『ふしぎ体験アートパーク』
2008.10/26 北越谷駅前さくら広場(埼玉県)
④『みるをみる!』展
 2008.12/20-21 KAPL(埼玉県)


展示状況を意図的に換え、『またたき』を展示した。
鑑賞者へ、目で「みて」さらに身体を使って「みる」ことを要求し、
視覚的・体感的に『またたき』を実感できることを目的とした。
その結果、同じ作品を見ているのにも関わらず、展示状況に応じた
意見が現れた。「鑑賞者は作品だけを見ているのではない」という
一例を実感することができた。



・その他の『またたき』の展示

「浅見俊哉作品展」川越市立美術館にて

「Mite!おかやま」岡山県立美術館にて

信濃美術館・梅野記念絵画館にて


・『またたき』を用いた作品レンタルプロジェクト

「広がるまたたきプロジェクト」

随時参加者を募集しています!
[PR]
by shunya-asami | 2009-02-12 21:57 | 展覧会・作品:2008 | Trackback | Comments(0)
MAP「もつ焼き専門店 鳥秀」の展示作品
今年も「まちを美術館にしよう!」と活動しているMAP(まちアートプロジェクト)に参加しています。

MAPでの作品展示も今年で3年目になりました。



d0135521_19573443.jpg



今回、MAP(地図#17)で私は「鳥秀」に作品を展示しています。


d0135521_19574521.jpg



カウンターオンリーの店内は仕事帰りのサラリーマンで常に満席です。

煮込み(\400)は勿論、焼き物も一串\100とかなりリーズナブル!

豚足やレバさしなどのメニューもかなりいけます!


三年目の展示になる今回は、「夢」をテーマに作品を制作しました。

最寄り駅の文教大学生14名に夢を語ってもらい、その夢を語る表情を写真で制作。また自分の夢、働いている人へのメッセージをパネルで構成し一作品としました。


d0135521_19543864.jpg



d0135521_19545182.jpg



ほとんどのお客さんは一人で来店します。

その人と対話ができるような作品にしたいと壁面に展示するのではなく、カウンターに展示しました。

今の学生が考えていること、伝えたいことをダイレクトにお客さんへ届け、「俺は同じぐらいのときこんな夢を持っていたな」や「この学生の夢は俺と似ているな」などの思いで晩酌に一味添えられる作品になればと思います。


昨日は、仲間と飲んでいたのですが、カウンターということからも気軽に隣の人と話ができるのもこのお店の特徴です。

越谷で展開している活動の話から、自分の住んでいるところの話、夢の話など会話がたえない時間になりました。


まだ行ったことのない方、是非行ってみてください。


北風の身に沁みる季節、煮込みと熱燗、マスターの笑顔で温まりませんか?





もつ焼き専門店 鳥秀

MAPナンバー:17
住所:埼玉県越谷市北越谷2-42-3
営業時間:17時~23時
定休日:日曜
℡:048-979-1714



MAP(まちアートプロジェクトブログ)
http://townart.exblog.jp/
[PR]
by shunya-asami | 2008-11-12 19:53 | 展覧会・作品:2008 | Trackback | Comments(0)
『呼吸する風』
2008年10月2日に越谷にオープンした「イオンレイクタウン」!

東洋一大きいといわれるショッピングセンターです。

その中のKAZE・1Fフロアに「イオンActGreenArt作家」として作品を出品しています。


d0135521_0582875.jpg



d0135521_13512.jpg



d0135521_22424243.jpg





『呼吸する風』

150cm×1350cm

kaze1F 風除室店内壁面(E-6出口付近)

.
越谷をベースに活動する作家が、「風」を連続写真で撮りおろした作品を、パノラマでダイナミックに横長の壁面に展開。通常のフィルムやデジタルカメラによる撮影ではなく、印画紙に直接、対象物を焼き付けて行く手法で製作されています。その瞬間にしかない「時間」がブルーのモノクロームで美しく語りかけてきます。
撮影地:越谷市内 元荒川桜並木 (作品紹介文より)


コンセプトなど作品についての詳細は以下のURLへ!


イオンActGreenArt作家紹介URL

http://www.aeon-laketown.jp/about/art/005.html
[PR]
by shunya-asami | 2008-10-15 22:33 | 展覧会・作品:2008 | Trackback | Comments(0)
「呼吸する風」展―浅見俊哉作品展―@KAPL(コシガヤアートポイント・ラボ)
d0135521_941393.jpg



今回は、「風」・「時間」をテーマにした作品で構成しました。



d0135521_942413.jpg



d0135521_9422070.jpg



d0135521_9425282.jpg




近所の少年が緑色の風船を持ってやってきて、作品をみて、「あ!青色の葉っぱかぁ…でも、青色の葉っぱ見たことないなぁ!」と呟いていたのが印象的でした。


オープニングレセプションは、70歳代のおじいちゃんから小学生までが存在する空間になりました。


作品のある場にこうして人が集り、様々な話をすることがとても意味があるように思います。


友人のミュージシャン、大澤加寿彦君によるミニライブがあり、今回の展覧会にあわせた「風」をテーマにした曲の演奏もありました。


通りがかりの人の来場があったり、小学生から70代の方まで、本当に幅の広い年齢層の方、約70名のご来場がありました。


暑い中、お忙しい中、また足元の悪い中ご来場くださった皆様、心から御礼申し上げます。



芳名帳の感想欄にあったコメントを掲載させていただきます。



・暑い中、作品をみたら涼しい気持ちになった

・風で揺れる展示方法が新鮮だった

・普通の写真展は、額の中の世界がすべて。でも彼の表現は額の外にもある

・変化を感じた

・とてもユニーク

・もう少し分かりやすいといい

・本当に風を感じた

・夏なのに涼しい

・good

・空の写真かと思ったけど違ってびっくり

・心の中を洗濯してお日様に干したような気分になった

・ここちの良いゆらぎ

・夏にあう空間

・作品が揺れていたのでさらに涼しさを感じた

・空間が素敵

・風と時間と空間を感じられたのが良かった

・風と一緒にいるみたい





次回もどうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by shunya-asami | 2008-08-19 09:36 | 展覧会・作品:2008 | Trackback | Comments(0)



浅見俊哉作品集    ©2016 by Shunya.Asami 全てのテキスト・画像の無断転載は固くお断りいたします。
by shunya-asami