カテゴリ:プロフィール( 2 )
「現在の青図」制作コンセプトテキストー「Blue Print of NOW CONCEPT TEXT」
「現在の青図」を焼きたい

d0135521_22020433.jpg
中之条ビエンナーレ2017 @伊参スタジオ 2017-9

d0135521_22021182.jpg
浅見俊哉作品展 @Earth+Gallery 2017-12


d0135521_22020962.jpg
SMF宝船展2018 @埼玉県立近代美術館 2018-1



私はものを直接、感光面に置き一定の太陽光を当てることで写真を制作している。私にとって写真は日焼けである。感光面に当たる光とものがつくる影の差で像を得る。海水浴に出かけた時に海水パンツの跡が身体に写るそれは、私にとって最も身体性を感じる写真の一つである。カメラを用いず写真を制作する方法をフォトグラムという。

 古代。絵画が初めて生まれたのは、遠くに旅立つ恋人の影を少女がトレースしたものが始まりだとされる(※1)。遠くの地とは戦場を指し、もう戻ってはこないであろう恋人の「存在」をそこに留め、感じる手立てとして、影があったのではないかと『影の歴史』の中でヴィクトル・I・ストイキツァは語る。

 1945年、8月6日、8:15。
広島に「人影の石」が生まれてしまった。
原爆が炸裂したその瞬間、開店前の銀行を待っている人の「存在」は、原爆の閃光を遮り、本来感光面ではない石に焼き付いてしまった。(この人物が現在誰であるか分かってはいないが、数名の人が自分の知人や肉親であると名乗り出ている)誤解を恐れずに言えば、この日、広島は「フォトグラム」となってしまった。爆心地のことを誰も語ることはできない、なぜならそこに「目」は存在できないから。本来、感光面ではない大理石に焼きついてしまった影、その「存在」は原爆の閃光の凄まじさを今を生きる私たちに伝えている。
72年前に被爆してもなお、今も生き続ける被爆樹木が広島には約160本ある。私は、2012年の夏、初めてこの被爆樹木に出会い、それ以来毎年広島を訪れている。幹や根に大きなダメージがあっても生き続け、原爆についての語り部としても存在する被爆樹木の今の「存在」を感光紙に焼き付けている。

 2011年、3月11日、14:46。
東日本大震災が発生した。
地震によって発生した津波で甚大な被害を受けた宮城県名取市閖上に初めて訪れたのは2014年の6月だった。広大な土地には膝丈ほどの家の石垣しか無くなってしまった。その場所には、多くの遺失物が残されていた。それは、スプーン、フォーク、皿、漁具、おもちゃ、仏具などその土地に住む人の生活を想像させるものたちだった。2017年の3月に再びここを訪れた時、約5mの盛り土をし、その上に集合住宅を建てる工事が急ピッチで進められていた。2014年にあった遺失物もその大半は、無くなっていた。私は、持ってこれる範囲でこれらを預かり、その「存在」を感光面に焼き付ける仕事を始めた。
いつか、持ち主の元に帰れるのではないかと願い、また広島の被爆樹木のような語り部になるのではないかと思っている。

 約5500年前、縄文時代より、群馬県中之条町には、人間の生活がある。
この町には、宿割遺跡、下平遺跡、久森遺跡など太古の遺跡が数多くあり、
土器や土偶、石包丁、埴輪、など当時の人間の生活を想像させる様々なものが出土している。

 私は中之条の遺跡で発掘されたもの、かつて養蚕で盛んだった時に使われていた道具、広島の今も生き続けている被爆樹木の葉、閖上の遺失物のつくる影を一つの感光面に焼き付け、「現在」について考えることができる青図を焼きたいと考え制作を行った。目の前に広がる「現在の青図」はどんな言葉を私たちに発せさせ、どんな未来図を描くだろうか。

中之条ビエンナーレ2017、作品の設置を終えて2017.8.28 浅見俊哉



I want to make “Blue print of Now”

"Shadow of Lives - 2017" Production Note.

The concept of my works is “Time and Memory” and also ”The relationship between absence and emerging. ”
Photogram is the way for me to represent them.(Photogram is the way to taking photos without camera.)
I place materials directly on photosensitive paper and burn it with sunlight to take pictures. I think that sunburn obtained when going out to swim is one of the most physical pictures.

 Ancient times.
The first picture to be born is that a woman tracing the shadow of a man going to the battlefield is the beginning.
This woman had a shadow as a way to anticipate that he will not come back anymore, to keep "presence" there and feel it.「A Short History of the Shadow」ーVictor I.Stoichita
(※1)

 1945, August 6, 8: 15 HIROSHIMA.
At that moment, nuclear bombs were dropped and "Human Shadow Etched in Stone" was born.
People are burned to the stone which is not usually the photosensitive surface. We do not know who this person is right now. Without fear of misunderstanding, I feel that Hiroshima became a "photogram" on this day.
"Human Shadow Etched in Stone" conveys the tremendous power of the atomic bomb to us. There are about 160 A-bomb trees in Hiroshima that still live even after the radiation bombing 72 years ago. I met this A-bombed trees for the first time in the summer of 2012, and since that I have been visiting Hiroshima every year. I am burning the present "presence" of A-bombed trees on photosensitive paper.

 2011, March 11, 14: 46.
The Great East Japan Earthquake occurred.
The area in YURIAGE, Natori, Miyagi prefecture, was devastated by the tsunami.
I went to YURIAGE after the earthquake was June 2014.
I saw only the low stone wall of the house remaining in the vast land. Many lost things were left in that place.
These things are spoon, fork, dish, fishing gear, toy, Buddhist instrument etc. When I saw it, I imagined the life of the people living in this land. I visited YURIAGE again in March of 2017. The development of rebuilding was proceeding, which raised the height of the place where the disaster occurred by about 5 meters and built apartment house on top of it. Most of the lost items that were in 2014 were gone. I kept this lost item in the range that I can bring.
And I started making works that burn the "presence" on the photosensitive surface. Someday, I wish I could return to the owner. Moreover, I think that these lost things will become a storyteller like Hiroshima's bombed trees.

 About 5500 years ago, from the Jomon period, there is human life in Nakanojo Town, Gumma Prefecture.
There are many ancient ruins such as IWAJYUKU ruins, SHIMOHIRA ruins, HISAMORI ruins in this town.
From these ruins, earthenware fragments, clay figurine, stone rice cutter, Haniwa, etc are excavated.
Excavated items make us imagine life of human beings at that time.

 Through making works in Nakanojo-machi, I recorded trace of Lives and expressed Connection of lives by taking photograms of Jomon pottery , tools of sericulture, lost property from Miyagi prefecture Natori city Yuriage area, Leaves of Bombed trees in Hiroshima,Important things of children living in Nakanojo-machi, and my daily comodities and consumables.

I want to make that work "Blue print" which can think about “Now”and Imagine the future.


28.Aug 2017 Shunya Asami




※1(Gaius Plinius Secundus 「Naturalis Historia」)


[PR]
by shunya-asami | 2018-01-17 22:10 | プロフィール | Trackback | Comments(0)
浅見俊哉プロフィール [最終更新2016.5]
浅見俊哉(Shunya.Asami/あさみしゅんや)

d0135521_1626798.jpg


写真作家・ワークショップデザイナー・KAPL(コシガヤアートポイント・ラボ)代表
website:http://asa19821206.wix.com/shunya-asami

1982年 東京生まれ
2006年 文教大学教育学部美術専修卒業
2007年 MAP(まちアートプロジェクト)実行委員
2008年 埼玉県越谷市にアートスペースKAPL設立。
2009年より SMF(サイタマミューズフォーラム)協力委員
2014年 衣裳家:田村香織と「SeeSew」を結成
2016年 かがわ・山なみ芸術祭2016綾川町エリアキュレーター就任

 制作者から鑑賞者への一方向のアートではなく、作品を通して相互に関わりの持てる「場」や「時間」をつくりたい。2008年に「人・アート・地域の関わりを生みだすスペース」KAPL(コシガヤアートポイント・ラボ)を埼玉県越谷市に設立。代表を務め「アートでできること」を模索する。アートプロジェクト、アートワークショップなどのフィールドワークを日々おこなうかたわら、自らの写真作品制作活動を活発に展開。写真の原理をピンホールの小屋に入り身体全体で体感するワークショップ、 感光紙を用いて全身の影を撮影する「MAN-PRINT」、身近な影を探して写し取る「影をつかまえる」などの写真ワークショップ、水面の連続写真の上を歩いて作品を体感するワークショップなどを展開している。
 主な展覧会は、対話型鑑賞で注目を集めた「Mite!おかやま」(岡山県立美術館 2006)、「Eternal Echo」(NY・A-forest-Gallery 2007)、ヒロシマにある被爆樹木の木漏れ日を撮影した「呼吸する影―Shadow of Bombed Trees―」 (KAPL 2012)、『かがわ山なみ芸術祭』(MONOHOUSE2013)など。
 主なワークショップに『モホイ=ナジ・インモーション』展の関連企画としてフォトグラムワークショップ『影をつかまえる』(神奈川県立近代 美術館・葉山/DIC川村記念美術館 2011)『紙上の技法学』関連ワー
クショップ(武蔵野市立吉祥寺美術館 2012)など多数。
 その他の活動に、埼玉県越谷市を「美術館」にするプロジェクト「まちアートプロジェクト」(2006-2009)、美術教育を社会に発信するアクション「5750分展」(2009-2011)、美術館と連携し、アートのプラットホームをつくる「SMFサイタマミューズフォーラム」に参加(2009-)、身体表現と造形表現の繋がりを試みたプログラム「彩の国ダンスセッション」(彩の国さいたま芸術劇場 2012)等がある。



Born in katsushika, Tokyo in 1982,

Shunya Asami,now based in Saitama is a photographer working on a variety of projects, workshops and educational activities.He has already had his work exhibited in New York and several art museums in Japan.His mantra is to pursue the possibility of "What art can do".In his experimental workshops aimed at understanding the principles of photography, he has recreated a pinhole camera in the form of a small house,printed images directly on to white T-shirts,"Catch a shadow" Photogram workshops and tried walking across the surface of the paper as the photographic image is being formed in an effort to feel the photo.

Exhibition:「Mite! Okayama」(Okayama Prefectural Museum of Art 2006),「Eternal Echo」(NY・A-forest-Gallery 2007),「Shadow of Bombed Trees」(KAPL -Koshigaya Art Point Laboratory- 2012),「Kagawa Yamanami Art Festival」(MONOHOUSE 2013) etc.

Workshop:「”Catch a shadow" Photogram workshop」in Moholy-nagy Exhibition (The Museum of Modern Art,Hayama 2011 & Kawamura Memorial DIC Museum of Art 2011),and (Nagano Prefectural Shinano Art Museum 2010, Kichijyouji Art Museum 2012) etc.

Action:Machi Art Project (2006-2009),5750 Exhibition(Action of Art Education 2009-2011),Saitama Muse Forum(2009-),Collaboration and contemporary dance(SAINOKUNI SAITAMA ARTS THEATER 2012 ) etc.




・WEB: http://asa19821206.wix.com/shunya-asami

・E-mail:dejivu04@yahoo.co.jp


Exhibition[展覧歴]

Workshop&Project[ワークショップ・プロジェクト]

Media[メディア掲載関係]

クリックしてご覧ください。









このブログ内のすべての記事や画像の無断転載を禁じます。
[PR]
by shunya-asami | 2007-12-17 10:06 | プロフィール | Trackback | Comments(0)



浅見俊哉作品集    ©2016 by Shunya.Asami 全てのテキスト・画像の無断転載は固くお断りいたします。
by shunya-asami