カテゴリ:フォトグラムWS展開編( 3 )
武蔵野市立吉祥寺美術館「影をつかまえるフォトグラムワークショップ」―大和田美樹さんのレポート
 武蔵野美術大学の大和田美樹さんが、去る、1月21日(土)に武蔵野市立吉祥寺美術館にて「影をつかまえる-フォトグラムってなんだろう?-」に参加してくれました。

またこのワークショップをもとに、大学の「ワークショップ研究Ⅰ」の授業で提出されたレポートをご紹介いたします。(本人の許可は得ています。)

d0135521_22593131.jpg


d0135521_22595424.jpg


d0135521_2301956.jpg


d0135521_23047100.jpg


d0135521_2312040.jpg


d0135521_2314867.jpg


d0135521_2321056.jpg


こうして、自分たちが行っているワークショップを改めて参加者の方がみた視点でみることができるのはこの上ない喜びです。

自分自身のワークショップをもっといいものにできるよう今以上に努力します。

大和田さんありがとうございました。


■WS.DATA

d0135521_134143.jpg

d0135521_14168.jpg


紙上の技法学展関連ワークショップ
影をつかまえる-フォトグラムってなんだろう?-

日時:平成24年1月21 日(土) 午後1 時ー午後4 時30分
天候:雨
会場:武蔵野市立吉祥寺美術館 音楽室
スタッフ:浅見俊哉・小宮貴史・高貫結実乃・服部真理子
記録映像:小宮貴史・服部真理子
対象:子ども( 小学生以上) から大人まで
参加者: 9 名


感光紙によるフォトグラム制作:関連リンク集

More
[PR]
by shunya-asami | 2012-05-10 23:05 | フォトグラムWS展開編 | Trackback | Comments(0)
広がるコピアートペーパ―ワークショップ『影撮』!!~教育現場編
教育の現場でも、コピアートを用いた『影撮』が広がっています。

相互リンクさせていただいている『図工美術OKAYAMA』のブログのなかで、「美術部員が小学生と一緒にワークショップ」という記事があり読ませていただきました。

7月30日(金)学区の公民館で美術部員が小学生とワークショップを行いました。
内容は「影撮~かげとり~をしよう」です。感光紙(コピアートペーパー)を使っていろいろな物の影を写し取ってみるという内容で、中学生が小学生と一緒に「影撮」を楽しみながらいろいろな工夫をしながら作品作りをしました。(ブログより抜粋)

d0135521_17535047.jpg

ブログの記事に対して以下のコメントがありました。

「Commented by okafubi at 2010-08-03 04:44
この表現は、技術的な側面に限定されず、発想(アイデア)に重点をおけるところが良いですね。(前提となる材料選択については考慮が必要ですが。)学年を超えて勝負できるし、だからこそ小中学生が一緒になって取り組むことに意義があったのだと思います。小学生の発想に中学生が刺激を受ける場面が想像されました。
「中学生と小学生の協同的な学び」、小中連携を考える上で非常に示唆に富んだ御実践だと思います!!なんらかの形で、美術部員以外の中学生にもこの活動成果を伝えられれば、さらに広がりができますね。見ているこちらが、いろいろと触発されてきました。」

okafubiさんが指摘されているように、コピアートを用いた制作に経験や技術的な差はほとんどありません。皆のスタートラインが同じなのもこのワークショップの面白いところだと思います。

また、「おもしろいものを見つける」や「おもしろい素材の組み合わせを考える」活動の中で、参加者それぞれが自然と人のアイデアを見合い、自分の作品にさらに工夫を加えて表現していく過程も面白いです。そこには無理のない声の掛け合いもあります。素材の交換もあるでしょう。作品制作を通して身の回りや、初めて出会う人たちとの関わりもできるところに私も大きな可能性を感じています。

報告ありがとうございました。

(この紹介は、図工美術OKAYAMAさんの承諾を得ています。)


 浅見俊哉




コピアートプリントワークショップ関連リンク集

・時間をつかまえるワークショップ『時撮‐tokitori』(2010.7:三郷市文化会館)
http://asaworks.exblog.jp/11763347/

・SMFワークショップコレクション『コピアートで風の回廊をつくろう』(2009.11:北浦和公園)
http://asaworks.exblog.jp/10667312/

・「現代アートって何?」ワークショップ(2009.9:岡山県立美術館)
http://asaworks.exblog.jp/10750768/
http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/kenbi/workshop.html

・多摩地区図画工作研究会(2009.8)
http://asaworks.exblog.jp/10165155/

・越谷コミュニティセンターアートイベント『空のあるまち・5』(2008.8)
http://www.tobuasahi.co.jp/080808/0201.html

・KAPL2009年7月の企画展「ワークショップ展」(2008.7)
http://kapl.exblog.jp/11457022/

・イオンエコサンデーにてワークショップ『呼吸する風・関連企画』(2008.1)
http://asaworks.exblog.jp/9188694/

・「コピアートを使った写真表現の可能性」第47回大学美術教育学会高知大会発表原稿
http://asaworks.exblog.jp/9825929/

・メディア掲載歴など
http://asaworks.exblog.jp/7236819/

・コピアートプリントを用いた作品『呼吸する風』イオン越谷レイクタウンKAZEに常設展示
http://asaworks.exblog.jp/8771920/


検索ワード
フォトグラム フォトグラムワークショップ コピアート 感光紙 コピアートペーパー
photogram copiart photogramworkshop
[PR]
by shunya-asami | 2010-11-11 18:03 | フォトグラムWS展開編 | Trackback | Comments(2)
広がるコピアートワークショップ『影撮』!!~横浜美術大学編
横浜美術大学の執行君が学園祭でコピアートを使ったワークショップを開催!

d0135521_2065821.jpg


http://outsider696.blog113.fc2.com/blog-entry-57.html#cm

2010年7月に埼玉県三郷市で行ったワークショップでスタッフとして参加してくれた執行君が、今回主催になってワークショップを実施してくれたのです。

いろいろな場所で実践が行われれば行われるほど、コピアートの可能性が見えてきます。




私もコピアート関連のワークショップを年内に2回行う予定です。

11月に埼玉県草加市、12月に長野県で行います。

詳細が決まり次第また告知させていただきます。






コピアートプリントワークショップ関連リンク集

・時間をつかまえるワークショップ『時撮‐tokitori』(2010.7:三郷市文化会館)
http://asaworks.exblog.jp/11763347/

・SMFワークショップコレクション『コピアートで風の回廊をつくろう』(2009.11:北浦和公園)
http://asaworks.exblog.jp/10667312/

・「現代アートって何?」ワークショップ(2009.9:岡山県立美術館)
http://asaworks.exblog.jp/10750768/
http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/kenbi/workshop.html

・多摩地区図画工作研究会(2009.8)
http://asaworks.exblog.jp/10165155/

・越谷コミュニティセンターアートイベント『空のあるまち・5』(2008.8)
http://www.tobuasahi.co.jp/080808/0201.html

・KAPL2009年7月の企画展「ワークショップ展」(2008.7)
http://kapl.exblog.jp/11457022/

・イオンエコサンデーにてワークショップ『呼吸する風・関連企画』(2008.1)
http://asaworks.exblog.jp/9188694/

・「コピアートを使った写真表現の可能性」第47回大学美術教育学会高知大会発表原稿
http://asaworks.exblog.jp/9825929/

・メディア掲載歴など
http://asaworks.exblog.jp/7236819/

・コピアートプリントを用いた作品『呼吸する風』イオン越谷レイクタウンKAZEに常設展示
http://asaworks.exblog.jp/8771920/




検索ワード
フォトグラム フォトグラムワークショップ コピアート 感光紙 コピアートペーパー
photogram copiart photogramworkshop
[PR]
by shunya-asami | 2010-10-19 20:05 | フォトグラムWS展開編 | Trackback | Comments(0)



浅見俊哉作品集    ©2016 by Shunya.Asami 全てのテキスト・画像の無断転載は固くお断りいたします。
by shunya-asami