カテゴリ:ライトドローイングWS実践編( 1 )
岡山県立美術館―「アクション!ライト・ドローイング」―教育普及事業 「こんにちは美術館」
去る、2011年7月29日(金)

岡山県立美術館、教育普及事業「こんにちは美術館」にて
『アクション!ライト・ドローイング』を行いました。

d0135521_21434484.jpg


このワークショップは、ペンライトを動かしたり、電飾を身につけて動くことで空間に「光の絵」を描くワークショップです。撮影は、電気を消した室内で行います。自分のイメージを、他の参加者とのコミュニケーションを大切にしながら、「光の絵」を制作します。

当日は、2部制で行い、15名ずつの参加がありました。

ワークショップの主な流れは以下の通りです。

d0135521_216231.jpg


自己紹介の後、ワークショップの内容を説明し、制作方法を説明します。

d0135521_2213445.jpg


その後、アイスブレイクも兼ねて、ライト爆弾ゲームをしたり、ライトを持って追いかけっこをしたりしてお互いの顔と名前を覚えます。

次にアイデアシートを渡し、描きたい作品をスケッチしてもらいました。

d0135521_22104193.jpg


イメージが決まったらいよいよライトを身につけたり、持ったりして制作です。

d0135521_229916.jpg


自分が監督となり、描きたいイメージを実現するため、参加者に協力をお願いしたりします。

この時、「沢山の光跡がほしいので、体力がある人」や、「背の高い大人の人」、「ぴょんぴょん跳ねるのがとくいなこども」など、具体的な動きも指示を出しながらキャストを選んで行きます。

恥ずかしくてなかなか輪に入っていけない子も、いくつかの作品のお手伝いをすると、自分の作品の制作の時に、「一緒にやろう!」と積極的になっている場面も見られました。

制作環境は、HDMIケーブルでカメラとプロジェクタを繋ぎ、撮影後すぐに画像を大きなモニタで画像を確認できるようにしました。これにより、より具体的なイメージが湧き、何度も繰り返し撮影することで理想な作品に仕上げる一助となりました。

実際に制作された作品を以下に紹介します。


第1部

d0135521_217655.jpg

d0135521_2172873.jpg


d0135521_2174691.jpg

d0135521_218382.jpg


d0135521_2182335.jpg

d0135521_2184252.jpg


d0135521_219033.jpg

d0135521_2191984.jpg


d0135521_2193864.jpg

d0135521_2195738.jpg


d0135521_21102311.jpg

d0135521_21104235.jpg


d0135521_2111888.jpg

d0135521_21113199.jpg


d0135521_21115150.jpg

d0135521_21121717.jpg


d0135521_21123453.jpg

d0135521_21125674.jpg


d0135521_21131679.jpg

d0135521_21133694.jpg


d0135521_2113574.jpg

d0135521_21141668.jpg


第1部の最後には皆で「15秒人」で記念写真を撮りました。
d0135521_21174130.jpg



第2部

d0135521_2135781.jpg

d0135521_21345052.jpg


d0135521_21352063.jpg

d0135521_21354265.jpg


d0135521_2136255.jpg

d0135521_2138060.jpg


d0135521_21372313.jpg

d0135521_21365140.jpg


d0135521_21382466.jpg

d0135521_21384024.jpg


d0135521_2139493.jpg

d0135521_21392626.jpg


d0135521_2139536.jpg

d0135521_21401813.jpg


d0135521_2140424.jpg

d0135521_2141118.jpg


d0135521_21411972.jpg

d0135521_21414281.jpg


d0135521_21421100.jpg

d0135521_2142238.jpg


第2部の最後には、みんなでライト大縄をしました。
d0135521_21431968.jpg

d0135521_21434484.jpg



今回のワークショップの目的は、「光、身体の動き、人とのコミュニケーションを『素材』とした造形表現を体験すること。」でした。

自分自身の「身体の動き」、「工夫」や「人と人との関わり合い」を可視化し共有できるライトドローイングは、今後さらに追及することで、発展出来る余地があると感じました。

後日発行された岡山県立美術館広報紙「美術館ニュース 第94号/2011AUTUMN」に以下の記事が掲載されました。
d0135521_21491647.jpg



最後になりましたが、ご来場いただいた参加者の皆さま、また岡山県立美術館の岡本様をはじめ、ワークショップに携わっていただいたすべての方に厚く御礼申し上げます。どうもありがとうございました。



■WS.DATA

日時:2011年7月29 日(金)
1部:13時30分~15時30分
2部:16時~18時
会場:岡山県立美術館地下一階講義室
対象:子ども( 小学生以上) から大人まで
参加者:30 名





関連リンク


・横浜ダンスコレクションEX 2012 出品作品 「またたき―MATATAKI―」
http://asaworks.exblog.jp/15453752/

・横浜ダンスコレクションEX 2012  コンテンポラリーダンス・ショーケースのご案内
http://asaworks.exblog.jp/15422223/

・「彩の国 ダンスセッション2012」
コレオグラファーの目~光を紡ぐムーブメント~①
(ムーブメントとフォトグラム 2012年2月3日公開)
http://asaworks.exblog.jp/15401013/

・「彩の国 ダンスセッション2012」
コレオグラファーの目~光を紡ぐムーブメント~②
(電飾ムーブメントは何を語るか? 2012年2月4日公開)
http://asaworks.exblog.jp/15411840/

・ライトドローイングワークショップ概要
http://asaworks.exblog.jp/i28
[PR]
by shunya-asami | 2012-05-22 22:14 | ライトドローイングWS実践編 | Trackback(1) | Comments(0)



浅見俊哉作品集    ©2016 by Shunya.Asami 全てのテキスト・画像の無断転載は固くお断りいたします。
by shunya-asami