カテゴリ:展覧会・作品:2014( 2 )
「呼吸する影ーShadow of Bombed Treesー」 @Nikon Salon
去る2014年9月と11月に新宿ニコンサロン・大阪ニコンサロンで開催した作品展

「呼吸する影ーShadow of Bombed Treesー」

被爆樹木の影を直接感光紙で写し撮ったフォトグラムの作品展


d0135521_1855359.jpg


d0135521_18553058.jpg


d0135521_18555258.jpg


d0135521_18582888.jpg


【作品展概要】

現在、ヒロシマには170本の被爆樹木(The Bombed Tree)が存在します。
1945年8月6日のあの瞬間、爆心地から半径2km圏内で被爆した樹木。

今回、その樹木の影を、低感度の感光紙を用いて直接撮影しました。カメラを使わずに写真を撮影するフォトグラムの手法を選んだのは、樹木に今流れている「時間」をリアルタイムに、ダイレクトに感光紙に撮影したいと考えたからです。感光紙を遮光板の中に入れ、太陽を待つ。太陽がでたら遮光板を広げ、約15秒程露光。その間、風が吹き、枝が揺れるなら、その揺れも記録されます。その像をじっとみていると、まるで影が呼吸しているように感じられます。8月6日の、あの瞬間から現在までの「時間」を掬いとるイメージで撮影しました。また、フォトグラムは原寸で像が得られるため、季節により、枝、葉 の生長が感じられます。例えば、2012年8月のアオギリの葉と、11月の葉ではその大きさが異なり、11月の葉は、A3の感光紙からはみ出す程です。

被爆樹木を巡り撮影を続けていると、時間とともに変化する樹木の生命力に圧倒されます。爆心地側が原爆でケロイド状になっていたり、幹が空洞になっていたりする樹木が枝を伸ばし、葉を広げている姿に大きな感銘を受けました。当時の人々が焦土になった土地からも芽を出した被爆樹木を見て、生きる勇気を与えられたというエピソードもこの撮影をしていくにつれ、想像することが出来ました。

展覧会では、シダレヤナギ、アオギリ、イチョウ、ソテツ、クロマツなどの被爆樹木のフォトグラムを約20点展示。作品を通して、被爆樹木の存在を知ってもら うとともに、その生命力を感じてもらえれば幸いです。

d0135521_18561773.jpg


d0135521_18563141.jpg

ギャラリートークで作品の制作を実演

d0135521_18564395.jpg


d0135521_1857059.jpg


d0135521_18572060.jpg

使用している「カメラ」

d0135521_18574961.jpg

ギャラリートークの様子


d0135521_1911570.jpg

d0135521_191271.jpg

作品集「315619200」




【日程】

新宿ニコンサロン:
2014年9月23日(火)〜29日(月)
10:30−18:30(最終日は15:00まで)
※ギャラリートークあり9月27日(土)13:00−14:00

大阪ニコンサロン:
2014年11月20日(木)〜26日(水)
10:30−18:30(最終日は15:00まで)

【会場】
新宿ニコンサロン 
〒163−1528 
東京都新宿区西新宿1-6-1新宿エルタワー28階ニコンプラザ新宿内

大阪ニコンサロン 
〒530−0001 
大阪市北区梅田2-2-2ヒルトンプラザウエストオフィスタワー13階ニコンプラザ大阪内


d0135521_18585437.jpg

作品展示準備

d0135521_1932030.jpg

展示レイアウトを考える

d0135521_18591064.jpg

作品セレクトの様子
[PR]
by shunya-asami | 2016-11-09 19:00 | 展覧会・作品:2014 | Trackback | Comments(0)
舞台作品『網膜の像』幅田彩加作品
d0135521_233078.jpg


写真作品シリーズ『網膜の像-Image on the retina-』をモチーフに、新進気鋭のダンサー幅田彩加とのコラボレーションより生まれた舞台作品を行います、

d0135521_2312097.jpg


d0135521_23123210.jpg


d0135521_23124539.jpg


d0135521_23125551.jpg


『普段私たちが見ている「世界」は何処にあるのか?』

網膜の像の世界に、刻一刻と変わり続ける身体を投入し、今あるものを、概念や記憶になる以前の透明な存在で表出しようと試みます。

今をもっと感じられるようになる力がそこにはあると願いを込めて。

本作は、浅見俊哉の写真作品『網膜の像-Image on the retina』からインスピレーションを受けて生まれました。NY研修を終え、今回、初の単独公演に挑みます。

一人でも多くの方と、一瞬を共有できたら幸いです。

当日お会いできる事を楽しみにしております。

 幅田彩加(作品フライヤーより)


「ダンスがみたい!新人シリーズ12」
オーディエンス賞 受賞公演

2014年7月30日(水)
開演19:30 (受付開始18:30) 

日暮里 d-倉庫

東京都荒川区東日暮里6-19-7日暮里駅南口徒歩7分
 (JR山手線・京浜東北線・常磐線 /京成線/日暮里舎人ライナー)

Gettii オンラインチケット]
インターネットで申込(要登録・無料)
セブンイレブン発券 Confetti confetti-web.com
d-倉庫 www.geocities.jp/azabubu

前売:2300円 当日:2800円(学生300円引き)

[問い合わせ]
fly.addcolor@gmail.com :幅田
azabubu26@ybb.ne.jp 03(5811)5399 :日暮里d-倉庫

主催 /「ダンスがみたい!」実行委員会 助成 / 芸術文化振興基金 共催 /d- 倉庫 


d0135521_23111867.jpg


●関連リンク

『網膜の像-Image on the retina-』
http://asa19821206.wixsite.com/shunya-asami/works4
[PR]
by shunya-asami | 2014-07-02 22:58 | 展覧会・作品:2014 | Trackback | Comments(0)



浅見俊哉作品集    ©2016 by Shunya.Asami 全てのテキスト・画像の無断転載は固くお断りいたします。
by shunya-asami