【病院に作品を展示したい】

【病院に作品を展示したい】


最近、自分の作品の応用ができる環境とはどこかと考えた時、病院やカウンセリングなどの心理療法の現場なのではないかと思った。


「呼吸する影」のシリーズは、被爆樹のこもれびを撮影した写真シリーズで、爽やかでやさしいイメージがある一方、とてつもなく大きなエネルギーも感じられる。


d0135521_12262049.jpg
d0135521_12262790.jpg


「またたき」のシリーズは、水面に広がる波紋を撮影した写真シリーズで、にぎやかな音が聞こえる一方、自分の深淵の部分と向き合う機会もつくりだす。

d0135521_12255255.jpg
d0135521_12260985.jpg


是非、作品を展示させてくれる場を知っている方や紹介してくださる方がいたらご一報頂ければ幸いです。


・呼吸する影
http://asa19821206.wix.com/shunya-asami#!works2/crmx

・またたき
http://asa19821206.wix.com/shunya-asami#!works1/c1z9a




[PR]
# by shunya-asami | 2017-06-21 12:26 | 日記 | Trackback | Comments(0)
対話型鑑賞プログラムレポート
【対話型鑑賞プログラムレポート①】

去る2017.6/4。

「à la folie」
浅見俊哉 作品展の関連企画として「対話型鑑賞プログラム」を開催しました。

d0135521_1373812.png

                                                                 

今回は演劇的手法を用いたWSファシリテーターの胡糸さんと連携し、胡糸さんには対話型鑑賞プログラムに入る前の導入をしてもらいました。

導入では2つのゲームを行いました。

①じゃんけんゲーム

d0135521_1383180.png



始めに多くの人とじゃんけんをして5回勝ったら座るというゲームを実施。
次に5回負けたら座るルールにすると勝ってしまって喜んでしまう参加者がとても多く笑い声が生まれていた。

②拍手回し

d0135521_1383593.png


次にリズムをキープしながら隣の人に拍手を回すゲームを実施。
皆うまく出来たので、最初は一方向だけだったけれど、自分で回す方向を変えてやってみます。
さらにレベルアップして、数をいう人が2!といったら2人で拍手をしてリズムよく回して行く。
何回か間違える人もいる中、「うまくいく為にはお互いのアイコンタクトがとても大切であり、失敗が笑顔をつくっていくから失敗は成功なんです」という胡糸さんのアドバイス。

その言葉から失敗をしても大丈夫なんだという意識が広がり、場がやわらかくなった。

最後に1〜7までの数字に合わせて回し、7のときだけシェーのポーズをしてまわすというルールで実施。

d0135521_1383793.png


数周すると、さらにレベルが上がり3の時にちょびひげぽーず、5の時はおなかでサインのポーズでまわして行く。

ポーズをとる時には皆笑顔になり、はじめましての人たちの表情もとても和やかになった。

そして、胡糸さんからバトンタッチされ、対話型鑑賞のプログラムのスタート!!

以下は、その時のトークのやり取り。

番号は参加者、Aは浅見を表す

                                                                 



A:今日は作品の見方には様々あるけれど、知識で見る作品の見方ではなく、皆でお話ししながら作品を見て行く「対話型鑑賞」という方法で作品をみたいとおもいます。

今日ははじめにこの作品を観て行きます。

はじめにこの作品の周りを作品を観ながら3周まわって観てください

ぐるりと作品のまわりをまわる

それでは座ってください。

今日は作品をみる時に3つの約束を守ってください。

1つめは、大きな声で話す

みんなと作品をみてかんじたことや考えた事を共有するためです。

2つめは、短い言葉で話す

作品を説明するとき、言葉がとてもながくなってしまうけれど、多くの人の意見を聞く為に短く話してください。

3つめは、人の意見をしっかり聞く

自分だけではない意見を聞いて作品をみることがとても大切です。

では、作品を観て行きましょう!

さきほどは周りながら作品をみたけれど、次は1分間その場でじっくりと作品を観てください。

【1分じっくりと作品を観る】

d0135521_1385210.png


A:意見を言う時は手を上げてください。では始めます。

A:これはなんだろう?

1:水だと思います。

A:どのあたりを観てそうおもいましたか?

1:このあたりの波紋の感じで水だと思いました

A:ありがとうございます。他にありますか?

2:溶けた金属の様にみえます。

A:どのあたりを観てそうおもいましたか?

2:白いところのあたりを観てです。

A:ありがとうございます。他にありますか?

3:白い液体をこぼした様に感じました。

A:どのあたりを観てそうおもいましたか?

3:手前のあたりを指差しながら、このあたりを観てです

A:ありがとうございます。他にありますか?

4:雨が降ったみたい!

A:いい意見ですね!どのあたりを観てそうおもいましたか?

4:このあたり。

A:波紋の中心あたりを観てそう思ったんだね。

A:ありがとうございます。他にありますか?

5:波紋みたいにも見えるんですけれど宇宙の様にもみえました。

A:どのあたりを観てそうおもいましたか?

5:このあたりの、、、黒いところがだんだん目に迫ってきて、なんだか黒のところに星がある様にみえてきた。

A:ありがとうございます!面白いですね!先ほど白い場所をみて、何かをこぼしたみたいという意見がでましたが、今度は黒い場所をみての意見ですね。

A:ありがとうございます。他にありますか?

6:上から見た山!

A:どのあたりを観てそうおもいましたか?

6:一番思うのは、火山みたいで、ここが火口にみえて、白いところは雪にみえた。

A:面白いですね!他にありますか?

1:天気予報にみえた!よくニュースで天気図でみるようなやつです!

一同:おおーーー!!

A:面白い見方ですね。どのあたりを観てそうおもいましたか?

1:この円のあたり。テレビでよくみるような図にみえます。台風のような。

A:面白いですね!テレビの映像の様にも見えてきた訳ですね。他にありますか?

3:このあたり、昔よくはやったカブトガニのようにみえました!

一同:笑い!!

A:生き物の様に見えたのですね!

3:クラゲのようにもみえます!

4:本当だ!ここが一番くらげみたい!!

A:面白いですね!雨のようにもみえたり、クラゲの様に見えたり、火山の様にみえたり、宇宙にもみえていますね。

2:このあたりは、火にみえる

一同:おおーーー!!

4:青い炎って一番熱いんだよね!

6:良く知ってるねー!!

A:さっき一番最初に1さんが水って言ってくれたけれど、火にも見えてきたね。水と火のイメージは割と対極にありそうなものが同じものをみてみえてきたのは面白いですね。他にありますか?

7:はい!ヨーグルトにブルーベリーのソースをこぼした様にみえます。

一同:爆笑!!

A:今日の朝食だったのかな?どの辺りがそう見えますか?

7:この辺りです。

2:これ自体もブルーベリーに見えますね。

一同:笑い!

A:この大きさなら、ブルーベリーをすごく拡大してみた様なイメージですね。
いろいろな視点からみてる意見がでてきましたね。先ほどの火山や台風、宇宙はとても高いところから見ている様な視点。
ブルーベリーはすごく拡大しているみたいな見方ですよね。面白いですね。他にありますか?

8:レントゲンのようにみえます

一同:おおー!

A:面白い見方です。どのあたりを観てそうおもいましたか?

8:1つに焦点を当てずに全体をみたとき、そう見えます。

4:レントゲンって何??

3:骨とかを透かして写した写真だよ

7:はい!!この辺りが赤ちゃんのエコー写真のようにみえます。

この円の中に赤ちゃんがうつっているみたいです。

A:少し視点がまた変わりましたね!先ほどの上からの視点と拡大した視点。
今出た視点は、透過してみた視点ですね。とても面白いです。

A:それでは、この作品はもうひとつの見方があって、上に乗っても観ることが出来ます。
では、上に乗ってみて作品をみてみましょう!

d0135521_1384721.png


d0135521_1384287.png



(約2分間作品の上に乗って鑑賞)

4:内蔵とかのうみそみたい!

4:あっここ目玉にも見えるよー

2:ここは、ミズクラゲみたいだ

3:本当だね

4:前にパパがスコップですくって投げたよね!

2:確かキャンプの時かな

A:それでは、またいまのところから作品の周りに座ってみてみましょう!

4:ここが目玉に見えたーー!

A:なんの目玉だろう??

4:わからない!

A:他にありますか?

1:はい!ここが雲の様に見えます!!

A:最初に見えた台風とかの意見と繋がってきますね!ありがとう!他にありますか?

6:このあたり、カリフラワーみたいに見えるなぁ

4:食べたいの??

一同:笑い

6:カリフラワーよりブロッコリーの方が好きかなー

一同:笑い

A:面白いですね。複雑な形がカリフラワーの様にみえたのでしょうか?

6:そうそうそう!白っぽいもさもさもさっていう感じがカリフラワーのようにみえる
脳みそとかとおなじような発想かなー?複雑なかたちが集まっているから。

3:上に乗ってみて、このあたりが石の上に乗っかっているみたいに感じました。石の断面のような。。。

A:いいですね!最初に金属を流した様なという意見がでましたが、水の質感と金属の質感、石の質感。それぞれ違いますね。

6:液体から個体へかぁ。。

2:こっちの方が岩盤で水が流れて行っているみたいに見えますね。

A:とてもおもしろいですね。その辺のイメージは何から感じられましたか?

2:色の濃さの違いかな、、、

A:なるほど、先ほど黒いところで宇宙だと言っていたところが岩盤のようにみえたのですね。他にありますか?

4:ここは脳みそにみえました!

A:さっき上を乗っている時にいっていたね。脳みそってことは上から撮影したのかな?さっきの赤ちゃんのエコー写真っていう意見があったけれど、その時は身体のおなかの前あたりから撮影するから撮影する時の視点も様々にみえてきたのですね。

1:これが赤ちゃんっていう意見があったのだけれど、こっちは赤ちゃんになる前の受精の段階に見えます。

一同:おおーーー!!!

1:ここがおおきな卵子にみえて、ここ(白いところ)は、それを取り囲む様な精子にみえます。何枚かの写真で、ちょっと物語みたいな感じがあるのかも

2:確かに。隣り合う写真どうしが繋がり合っている様に見えます。

A:面白い意見ですね。先ほどの卵子と胎児の物語や、岩盤から水が流れているというように、一枚一枚の写真ではなく、数枚の写真のを見てその関係性や構成、並び方について見ていますね。他にどうでしょうか?

5:座って見ている時はある程度全体をみることができたけれど、上から見ると一枚に注目する様にみえてきた。
この部分がカエルにみえたり。。

3:一点に注目してみてみたのですがそうするとゴーストの様に見えてきました。目や口があって。

【8さんが途中から参加】

4:皮を剥いた時の葡萄の筋にも見えてくるね、瑞々しさや繊維が。

A:ぐっと一枚に寄ってみていくと細かいところまで見えてきますね!他にありますか?

3:はい!最初は上から見た波紋の様に見えたのですが、じっくり見て行くうちにこれは水中から空を見上げた様に感じてきました。

4:そうなの??上から見ていたんだ!自分はずっと下から見上げて泡がボコボコでているっていう発想だった。

7:僕も下からみていたように感じていました!

A:面白いですね!先ほど雨という意見がでましたが、自分の背丈ほどの高さからみていたり、衛星が捉えた雲の様にみえたり、とかなり上からの視点でみていましたが、視点の方向性が下からとなるとみている方向性が逆になりますね!他にありますか?

8:宇宙からみた地球ぽいです!

A:どのあたりをみてそう思いましたか?

8:この辺りかな、雲や海にみえます。

7:そうそう!茶色っぽいのも写っていてここに土を感じます。

A:宇宙から見た地球というとさらに上からの視点になってきますね。とても面白いですね!

7:はい!例えばですけれど、ゼリーに自分が埋まったとしたらこうした景色がみえてくるのかなと思いました。
この辺りは、自分の息の泡の様です。スプーンが入ってきて空気が入ってきているようです。

4:ここにはカエルの赤ちゃんがいるよ!

d0135521_13850100.png


一同:どこどこ?

4:ここ!

A:どうしてどう感じたの??

4:ここの形がしっぽのようにみえた。大人のカエルはこっち!

A:そうかそうか!さっき人間の胎児の物語と、今の物語はとても似ているね。
人間の胎児も人間のかたちになるまでには、生物の成長の段階でとても似たかたちをしていますよね。
つながっていますね。他にありますか?

3:全体的に寒くて氷が張った様にも見えてきました。

A:いいですね!先ほどは流れている水という動きをかんじている意見がでました。
今の意見は固まっているようなイメージの意見ですね。先ほどは石の様なものという意見も出ました。
皆さんはこれが写真である事は分かっているかと思います。写真は時間を止めてみせる役割も持っていますよね。
他に意見はありますか?

1:僕は逆に毛並みの様に見えてきて動いている様に見えます。

7:僕もこの辺りが煙に見えてきて動いています。

4:1つ1つは木の年輪の様にも感じられてきました。

2:おおきな動物に見えてきます!こことここが目でこれが口。
そしてこれは少し恐くて目がどろっと落ちてきているみたいです。

A:先ほどの並べ方でみえてくる物語の意見もありましたが、数枚を同時にみることでみえてきたイメージがあったのですね!

この作品をみんなで見てみてとても面白い発見がありました。それは様々な視点についてです。

背丈程の高さからみたイメージ。宇宙からみた地球のイメージとても高いところからの視点です。
一方で水の中に潜り見上げた視点でみたイメージを発表してくれた人もいました。

それから質感について。
特に手で触れたわけではないのですが、目でよく作品を触ってみると、流れている水、溶けた金属のようでも、ゼリーのようでも、毛並み、岩盤や氷のような固いイメージとありました。

さらに、構成について。
受精と胎児の関係。赤ちゃんのかえると大人のかえる。
そして数枚を同時にみたときに大きな動物にみえるというイメージ。

みなで作品をみることで、視点、質感、構成などの点で、似ていたり異なっていたりと1つの作品の中から見えてきたのはとても印象的ですね。

次に2つ目の作品を観てましょう!

レポート2に続く

d0135521_139468.png


                                                                
●関連リンク

「à la folie」 浅見俊哉 作品展 6/25まで
http://asa19821206.wixsite.com/shunya-asami/new

d0135521_1382354.jpg


d0135521_1382596.jpg


d0135521_1382631.jpg



                                                                
「アメリア・アレナスによる対話型鑑賞プログラム」

・川越市立美術館 2006
http://asaworks.exblog.jp/6845073/

・岡山県立美術館 2006
http://asaworks.exblog.jp/7561726/

・東御市梅野記念絵画館 2007
http://asaworks.exblog.jp/7765165/

・芝の家 2009
http://asaworks.exblog.jp/16404849/

・ホテルグリーンパレス福島 2012
http://asaworks.exblog.jp/15397682/
                                                                
「対話型鑑賞ワークショップ」

・かがわ・山なみ芸術祭2016 綾川町エリア 
作品ナビゲーター養成対話型鑑賞レクチャー 2016
http://asaworks.exblog.jp/22905597/
[PR]
# by shunya-asami | 2017-06-13 08:00 | 対話型鑑賞プログラム | Trackback | Comments(0)
個展のお知らせ! 「à la folie」 浅見俊哉 作品展
【個展のおしらせ】

「à la folie」
Shunya.Asami Solo Exhibition
浅見俊哉 作品展

d0135521_16573350.jpg



2017.6/4 (日)-6/25(日)12:00-18:00
(6/11、6/18を除く会期中の水・土・日オープン)

                                                            
 埼玉県上尾市にあるP-1Laboでは、アーティスト浅見俊哉の新作を含む、代表作「またたき」(2004年)、「呼吸する影−被爆樹木のフォトグラム−」(2012〜)など約10点を展示した「à la folie」展を開催します。

d0135521_16575074.jpg



 P-1Laboは、「平成28年度埼玉県文化芸術拠点創造事業」の採択を受け、空屋を改修。文化芸術に出会い、親しみ、育てていく企画を展開しています。

 その中で、2008年〜代表として運営に携わる「KAPLーコシガヤアートポイントラボ」、2016年「かがわ・山なみ芸術祭」や、「さいたまトリエンナーレ」に関わり、アートの場をつくってきた浅見は、P-1ラボを拠点とした「生活」と「アート」を結ぶプロジェクト「なかよしアートプロジェクト・あげお」を企画。ディレクターとして今後の展開を広げていきます。

 作品制作と、アートの場づくりを両輪として活躍する作家の活動を、お時間の許す限りご高覧いただければ幸いです。

                                                            
●関連企画:

・オープニングトーク
「対話型鑑賞ワークショップ」+「なかよしアートプロジェクト・あげお」概要紹介 
6/4 (日)16:00-18:00
展示作品を来場者の皆で意見を出し合いながら観るワークショップです。

ファシリテーター:
浅見俊哉+胡糸(演劇的手法を用いた表現教育・応用演劇ファシリテーター & 保育士) 
参加費:500円

・オープン・ラボ 
6/7(水)・14(水)・21(水)12:00-18:00
作家の制作の現場が見学できます。誰でも出入り自由 
参加費:無料

・フォトグラムワークショップ
6/24 (日)15:00-17:00
カメラを使わない写真制作をします。定員10名先着 
参加費:1000円
                                                            
●会場:

〒362-0072
埼玉県上尾市中妻2-8-13
JR高崎線北上尾駅西口徒歩7分


d0135521_16581768.jpg

[PR]
# by shunya-asami | 2017-05-31 16:58 | NEW!最新情報 | Trackback | Comments(0)
まちラボ特別編 「まちでつくるプロジェクト」参加者募集!
【参加者募集!】

まちラボ特別編 「まちでつくるプロジェクト」

 第1回目のゲスト講師は未来芸術家:遠藤一郎氏に来てもらいます!!

d0135521_195258100.jpg



 一郎君との出会いは、水戸芸術館で2009年10月31日(土)~2010年 1月24日(日)に開催していた「Beuys in Japan:ボイスがいた8日間」の展覧会。

彼はこの展覧会で【遠藤一郎パフォーマンス「愛と平和と未来のために」】と題し、水戸芸の周りを46日間、ほふく前進していた。この企画に自分も参加し、彼の活動と哲学に感銘を受けた。

d0135521_19521186.jpg



その後、運営するアートスペースKAPLで個展と「未来龍越谷大空凧」を企画。

d0135521_19525567.jpg


d0135521_1956498.jpg


http://kapl.exblog.jp/i59/


そして昨年、キュレーションを担当した「かがわ・山なみ芸術祭2016・綾川町エリア」に参加してもらい、フォトコンテストの開催、スギナ茶づくり、酵素ドリンクづくりなどを実施。

d0135521_1956535.jpg



http://www.monohouse.org/yamanami/artist/Endo_Ichiro/index.html

様々なアートプロジェクトや芸術祭の参加、コーディネートを手がけてきた経験を通してお話をしてもらおうと考えています。

                                                            

 昨今、まちを舞台に様々なプロジェクトが開催されています。
地域の抱えている課題や発信したい魅力を自分なりの視点で企画・実施するためのアイデアを、各回ゲスト講師をお招きしディスカッションを通して学びます。これから「まち」でのプロジェクトを考えている方、これまでプロジェクトを実施してきた方のご参加をお待ちしております。
                                                                                                                                  
6/18(日)「まち」の発見!
「まち」で企画をつくる前に大切なことをディスカッション形式で参加者の皆さんと考えていきます。

d0135521_1957531.jpg


                                                                      
講   師:浅見俊哉
ゲスト講師:遠藤一郎(未来芸術家)
未来へ号ドライバー、DJじゃみへん、カッパ師匠、iRAINBOW JAPAN、GO FOR FUTURE、from HELL、富士山マグマ農場など活動が多岐に渡る。
車体に大きく「未来へ」と描かれた、各地で出会った人々がそのまわりに夢を書いていく『未来へ号』で車上生活をしながら全国各地を走り、「GO FOR FUTURE」のメッセージを発信し続ける。アートイベントで展示やパフォーマンスを行うほか、現在、凧あげプロジェクト「未来龍大空凧」を各地で開催。
                                                                 
講座実施日 6月18日(日)・7月16日(日)・9月3日(日)
時間 14:00-17:00
会場 ウェスタ川越2階 市民活動・生涯学習施設 活動室5
回数 全3回
受講料 無料
定員 15名  

お申し込みは以下からも受け付けています。
■ウェスタ川越1階 総合案内 9:00~19:00(点検日等の休館日を除く)
■FAX 049-249-1180
■Mail entry@westa-kawagoe.jp
FAX、Mailには、講座名・全日程/単発日程(受講希望日)・お名前・ご連絡先をご明記ください。
※定員になり次第お申込みを終了させていただきます。(抽選受付の場合を除く)
※一定の定員に満たない場合は、開講を延期もしくは中止することがあります。
※自動送信メールの後、数日内に講座担当者よりメールをお送りいたします。そこで受付が完了となります。

■講座についてのお問合せ
電話 049-249-1186 9:00~19:00(点検日等の休館日を除く)
Mail entry@westa-kawagoe.jp
Mailでのお問合せは、講座名・お名前・ご連絡先をご明記ください。

http://www.westa-kawagoe.jp/course/detail.html?id=171 
[PR]
# by shunya-asami | 2017-05-29 19:57 | NEW!最新情報 | Trackback | Comments(0)
【さいたまトリエンナーレ2016のその後】サポーターによる記録集発行!!

【さいたまトリエンナーレ2016のその後】


さいたま市で初めて開催された国際芸術祭「さいたまトリエンナーレ2016」

d0135521_16365246.png

マイトリエンナーレを合言葉にサポーターが創造的な活動を繰り広げました。

その集大成である記録集制作に、皆さまどうかご参加ください!


と呼びかけ、さいたまトリエンナーレのサポーター有志による記録集制作のクラウドファンディングが目標金額を超えて期日を終えました。
 

                                 

私は、さいたまトリエンナーレでSMF学校の校長先生(コーディネーター)として参加し、多くの方と充実した時間を過ごさせていただきました。

●さいたまトリエンナーレ:SMF学校
http://smfartschool.wixsite.com/saitama
 

その中で出会ったサイとりサポーターの皆さんは、アートに対する熱がとても高く、様々な場面で支えとなりました。

今回、記録集をつくるにあたり、私もささやかながら力になれればと作品提供という形で参加させていただきました。

d0135521_16363203.png
d0135521_16363851.jpg


お送りする作品は、この春、別所沼公園で撮影した満開の桜のフォトグラムをお送りする予定です。

ご支援していただいた多くの方に改めて深く御礼申し上げます。

作品の到着まで今しばらくお待ち下さい。
                                                           

                                                            

関連記事:

●“さいたまトリエンナーレ2016”は何をもたらしたのか?みんなが見つけた未来をつなげていく記録集。
https://motion-gallery.net/projects/medialabcloud

●作品制作の様子レポート
https://motion-gallery.net/proj…/medialabcloud/updates/15210

●作品制作の様子(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=qlIF2QPQm2s&feature=youtu.be 

                                                            





[PR]
# by shunya-asami | 2017-05-18 16:37 | さいたまトリエンナーレ2016 | Trackback | Comments(0)



浅見俊哉作品集    ©2016 by Shunya.Asami 全てのテキスト・画像の無断転載は固くお断りいたします。
by shunya-asami