ワークショップ・プロジェクト活動歴・Carrer
ワークショップ・プロジェクト・アクション・講演活動等の紹介です。

2016年

Feb:「Sunlight Flag Project 2016」ワークショップ
綾川町立綾上小学校香川県立善通寺第一高校竜雲少年農場他(香川)

Mar:山なみワークショップコレクション 『等身大の影をつかまえる!MAN-PRINT』
綾川町立羽床上保育所 (香川・綾川町)

Spr:『かがわ山なみ芸術祭2016』綾川町エリアキュレーター(香川・綾川町)

Sep:『さいたまトリエンナーレ・SMF学校コーディネーター』(埼玉・さいたま)



2015年
Aug:『呼吸する影ー被爆樹木のフォトグラムー』関連企画
ワークショップ「影をつかまえるー被爆樹木のこもれびをTシャツに写して着よう!」

gallery-G(広島・広島市)
実施:SeeSew

Aug:光のリズムアドベンチャー『ETAGRAMー江田島のフォトグラムー』をつくろう!(広島・江田島)

May:『光と影をつかまえる』フォトグラムワークショップ
FULIGO(愛知・名古屋)



2013年

Jun『かがわ山なみ芸術祭』関連企画
ワークショップ「影をつかまえる」Monohouse(香川・綾川町)


2012年

Jan:『紙上の技法学―筑波大学所蔵石井コレクション―』展との関連企画
ワークショップ「影をつかまえる」
武蔵野市吉祥寺美術館(東京・武蔵野市)



2011年

Jun:協同フェスタ発表
講演内容「KAPLコシガヤアートポイント・ラボの取り組みと課題について」
越谷市中央市民会館(埼玉・越谷市)

May:「ボランティアスタッフ・フォローアップ研修」
ワークショップ「影で描こう!私の世界!」
東京国立近代美術館(東京・千代田区)

May:「視覚の実験室 モホイ・ナジ/インモーション」展との関連企画
ワークショップ「影をつかまえる」

神奈川県立近代美術館・葉山館(神奈川・葉山)

Jun:鎌倉市立第一中学校ふれあいタイム「ミュージアムトリップ」
ワークショップ「影をつかまえる」
神奈川県立近代美術館・鎌倉館(神奈川・鎌倉)

Sep:「視覚の実験室 モホイ・ナジ/インモーション」展との関連企画
ワークショップ「影をつかまえる」

DIC川村記念美術館(千葉県・佐倉市)

Nov:SMFアートラボ
ワークショップ「影をつかまえる」

埼玉県立近代美術館前北浦和公園(埼玉県・さいたま市)



2010年

Jan:SMF(サイタマミューズフォーラム)アート楽座にて運営するKAPL(コシガヤアートポイントラボ)のプレゼンテーションを行う。
埼玉県立近代美術館(埼玉・さいたま)
平成21年度文化庁「美術館・博物館活動基盤整備支援事業」:「SMFアートのわっ!-あつまれアートのつむじ風」の記録集「風の行方」に活動内容原稿掲載。

Jul:時間を捕まえるワークショップ「時撮」 三郷市立文化会館(埼玉・三郷)

Aug:美術教育を考えるアクション『5750分展Ⅱ-美術教育は生きているか-』
KAPLコシガヤアートポイントラボ(埼玉・越谷)/埼玉県立近代美術館(埼玉・さいたま)

Sep:第49回大学美術教育学会東京大会にて「美術教育を考えるアクション5750分展の取り組み」を発表。
武蔵野美術大学(東京・小平市)

Oct:「街のアートスペースについて話そう座談会」運営するKAPL(コシガヤアートポイントラボ)代表として参加。
yahiro8(東京・墨田)

Oct:(財)地域創造が発行する「地域創造レター」2010年10月号№186に『5750分展』が取り上げられる。

Nov:「やってみよう!つくってみよう!誰でもアーティスト」
草加市勤労福祉会館(埼玉・草加)

Dec:「やねうら美術館講座
ワークショップ「影で時間を切り取ろう!」

長野県信濃美術館(長野・長野)

Dec:SMFラウンドテーブルにて「KAPLの2010年」を発表。
埼玉県立近代美術館(埼玉・さいたま)



2009年

Jan:イオンレイクタウンMoriスペシャルサタデーWS-サンセットテラス-ワークショップの様子が「HowFull’s制作番組」で紹介される。
ワークショップ『フォトグラム制作―影撮・かげとり―』)

イオンレイクタウンMORI(埼玉・越谷市)


Feb:『アメリア・アレナスの対話型美術鑑賞』
芝の家(東京・港区)

Aug:『多摩地区図画工作研究会2009』
ワークショップ『フォトグラム制作―影撮・かげとり―』

府中市立若松小学校(東京・府中市)

Aug:彩ネット夏の陣、埼玉県立近代美術館にて「5750分展」の活動を発表
埼玉県立近代美術館(埼玉・さいたま市)

Sep:岡山県立美術館・教育普及事業 「こんにちは美術館」
ワークショップ『フォトグラム制作―影撮・かげとり、風撮・かぜとり―』
現代アートってなぁ~に? アーティスト浅見俊哉氏とともに―風と音、目に見えないものを形にしてみよう―

岡山県立美術館(岡山・岡山市)

Sep:平成21年度日本教育大学協会全国美術部門協議会 第48回大学美術教育学会「愛知大会」
ポスターセッション『地域文化を創造するアートスペースの取り組み-KAPL(コシガヤアートポイント・ラボの実践)』発表
ナディアパークデザインセンタービル(愛知・名古屋市)

Oct:まちアートプロジェクト2009 スタッフ
関連企画KAPL(コシガヤアートポイント・ラボ)10月の企画展「なにもない展」で『サンドイッチアートマンアクション』を行う。(埼玉・越谷市)


Nov:現代美術展 2009CAF ネビュラ展
ワークショップ―影撮―
(埼玉県立近代美術館・さいたま市)
http://www.caf-n.com/

Nov:平成21年度文化庁「美術館・博物館活動基盤整備支援事業」SMFアートのわっ!-あつまれアートのつむじ風
パフォーマンス『サンドイッチアートマン―おせっかい出前美術館―』
ワークショップ『風の回廊』
埼玉県立近代美術館・北浦和公園(埼玉・さいたま市)
http://asaworks.exblog.jp/10480216/



2008年


Mar: 浅見俊哉講演会 主催:(社)越谷市青年会議所
『アートで街はつくれるか』 越谷市しらこばと基金助成事業
講演内容「越谷を美術館にしたい!」まちアートプロジェクトの挑戦
越谷中央市民会館(埼玉・越谷)


Jul:「空のある街5」
ワークショップ『影撮』
越谷コミュニティセンター(埼玉・越谷)

Jul:KAPL(コシガヤアートポイント・ラボ)を設立 

Aug:長野アートチャレンジ2008
ワークショップ 『巨大カメラの中で光絵を描こう!』・『影撮』
長野県東御市梅野記念絵画館(長野・東御市)

Oct:MAP(まちアートプロジェクト)2008 オープニングイベント「ふしぎ体験アートパーク」
ワークショップ 『カメラオブスクラ体験』
北越谷駅前さくら広場(埼玉・越谷市)

Oct:越谷市制施行50周年記念「協働フェスタ」
越谷市中央市民会館(埼玉・越谷市)
講演内容「街とアートの関係」について

Nov:平成20年度日本教育大学協会全国美術部門協議会
第47回大学美術教育学会「高知大会」
自由研究『コピアートペーパによる写真表現の可能性』発表
高知大学(高知県・高知市)



2007年

Feb:地域と学生とつなぐフリーペーパー「キタコミ」vol.2発行!(埼玉・越谷市)

May:
浅見俊哉作品展関連企画
ワークショップ『影撮・かげとり―』

ヤマウチアートギャラリー(東京・北千住)
   
May:アメリカのアーカンソー州立大学に作品が『15秒人』が送られ展示される。

Aug:長野アートチャレンジ2007
ワークショップ 『巨大カメラの中で光絵を描こう!』・『影撮』
長野県東御市梅野記念絵画館(長野・東御市)

Oct:まちアートプロジェクト(MAP)2007―越谷市しらこばと基金助成事業―
越谷市内商店(埼玉・越谷市)




2006年

Spr:第2回 北越谷ポスタープロジェクト プロデューサー(埼玉・越谷市)

Spr:北越アート交流 スタッフ(埼玉・越谷市)

Spr:東京都写真美術館臨時職員(4月~7月)

Aug:越後妻有トリエンナーレ・こへび隊(はがきプロジェクト)(新潟県・十日町)

Sep:地域と学生とつなぐフリーペーパー「キタコミ」創刊!(埼玉・越谷市)
    初回第一号は3000部制作。学内、駅、市役所、商店に配置

Nov:第3回 北越谷出津橋フェスタ
ワークショップ『 手作り巨大カメラ体験・ライトドローイング』による自分の軌跡写真撮影
元荒川河川敷(埼玉・越谷市)



2005年 

May:所沢写生大会 学生スタッフ(埼玉・所沢市)

Aug:入間地区美術教育研究会 「光の造形」講師(埼玉・入間市)

Oct:あなたの選ぶ一写一想プロジェクト(応募期間 2005.10.17~2005.11.30)

Nov:第2回 北越谷出津橋フェスタ
ワークショップ『 手作り巨大カメラ体験・ライトドローイング』による自分の軌跡写真撮影
元荒川河川敷(埼玉・越谷市)



2004年

Jan:北御牧村写真プロジェクト 佐藤時啓共同制作 スタッフ(長野・東御市)

        
Api:北御牧村写真プロジェクト 佐藤時啓ワンダリングカメラプロジェクト 学生スタッフ(長野・東御市)

      
May:デジタル写真表現サークル「DEJIVU」設立 文教大学公認サークル


Aug:写真サイト「私地図」(http://www.geocities.jp/asa19821206/)開設

 
Aug:北御牧村スケッチ大会学生スタッフ(長野・東御市)


Nov:第1回 北越谷出津橋フェスタ
ワークショップ『 手作り巨大カメラ体験・ライトドローイング』による自分の軌跡写真撮影
元荒川河川敷(埼玉・越谷市)

          
Dec:第3回 あつまれあそびあーと! ワークショップスタッフ代表(埼玉・さいたま市)



2003年

Nov:第2回 あつまれあそびあーと! ワークショップスタッフ
さいたま新都心けやきひろば(埼玉・さいたま市)



2002年

Mar:第1回 あつまれあそびあーと! ワークショップスタッフ
さいたま新都心けやきひろば(埼玉・さいたま市)
[PR]
# by shunya-asami | 2007-12-20 07:46 | ワークショップ・活動歴 | Trackback | Comments(0)
『視点・自転車カメラ#1越谷』―ヤマイチサイクルセンター・大袋ギャラリーひろば―
まちアートプロジェクトで展示した『視点・自転車カメラ#1越谷』の紹介です。



まちアートプロジェクトとは、北越谷・大袋の商店に店舗をモチーフとした作品を制作し展示するというもので、今年で二年目をむかえました。



2007.10.21~11.23(ヤマイチサイクルセンター展示)

2007.11.28~12.03(大袋ギャラリーひろば展示)



d0135521_23493366.jpg




ヤマイチサイクルセンター

大袋ギャラリーひろば

まちアートプロジェクトとは?
[PR]
# by shunya-asami | 2007-12-18 23:54 | 展覧会・作品:2007 | Trackback | Comments(0)
『またたき』—A forest Gallery・NY—
代表作「またたき」の「A forest Gallery・NY」での展示の様子を紹介します。


d0135521_135055.jpg



d0135521_14548.jpg



d0135521_16921.jpg





『Eternal Echo 2007』

2007.9.4-9.22


d0135521_10291645.jpg



d0135521_10352585.jpg





NYで配布されているフリーペーパーに展示の記事が記載されました。


d0135521_10374820.jpg


(よみタイム 2007.9.7 vol.72)



d0135521_1038015.jpg


(週刊NY生活—NY生活プレス社 2007.8.25 no.174)











A-forest Gallery

134 West 29th Street, Suite 1010 New York,NY 10001
[PR]
# by shunya-asami | 2007-12-17 10:39 | 展覧会・作品:2007 | Trackback | Comments(0)
浅見俊哉プロフィール [最終更新2016.5]
浅見俊哉(Shunya.Asami/あさみしゅんや)

d0135521_1626798.jpg


写真作家・ワークショップデザイナー・KAPL(コシガヤアートポイント・ラボ)代表
website:http://asa19821206.wix.com/shunya-asami

1982年 東京生まれ
2006年 文教大学教育学部美術専修卒業
2007年 MAP(まちアートプロジェクト)実行委員
2008年 埼玉県越谷市にアートスペースKAPL設立。
2009年より SMF(サイタマミューズフォーラム)協力委員
2014年 衣裳家:田村香織と「SeeSew」を結成
2016年 かがわ・山なみ芸術祭2016綾川町エリアキュレーター就任

 制作者から鑑賞者への一方向のアートではなく、作品を通して相互に関わりの持てる「場」や「時間」をつくりたい。2008年に「人・アート・地域の関わりを生みだすスペース」KAPL(コシガヤアートポイント・ラボ)を埼玉県越谷市に設立。代表を務め「アートでできること」を模索する。アートプロジェクト、アートワークショップなどのフィールドワークを日々おこなうかたわら、自らの写真作品制作活動を活発に展開。写真の原理をピンホールの小屋に入り身体全体で体感するワークショップ、 感光紙を用いて全身の影を撮影する「MAN-PRINT」、身近な影を探して写し取る「影をつかまえる」などの写真ワークショップ、水面の連続写真の上を歩いて作品を体感するワークショップなどを展開している。
 主な展覧会は、対話型鑑賞で注目を集めた「Mite!おかやま」(岡山県立美術館 2006)、「Eternal Echo」(NY・A-forest-Gallery 2007)、ヒロシマにある被爆樹木の木漏れ日を撮影した「呼吸する影―Shadow of Bombed Trees―」 (KAPL 2012)、『かがわ山なみ芸術祭』(MONOHOUSE2013)など。
 主なワークショップに『モホイ=ナジ・インモーション』展の関連企画としてフォトグラムワークショップ『影をつかまえる』(神奈川県立近代 美術館・葉山/DIC川村記念美術館 2011)『紙上の技法学』関連ワー
クショップ(武蔵野市立吉祥寺美術館 2012)など多数。
 その他の活動に、埼玉県越谷市を「美術館」にするプロジェクト「まちアートプロジェクト」(2006-2009)、美術教育を社会に発信するアクション「5750分展」(2009-2011)、美術館と連携し、アートのプラットホームをつくる「SMFサイタマミューズフォーラム」に参加(2009-)、身体表現と造形表現の繋がりを試みたプログラム「彩の国ダンスセッション」(彩の国さいたま芸術劇場 2012)等がある。



Born in katsushika, Tokyo in 1982,

Shunya Asami,now based in Saitama is a photographer working on a variety of projects, workshops and educational activities.He has already had his work exhibited in New York and several art museums in Japan.His mantra is to pursue the possibility of "What art can do".In his experimental workshops aimed at understanding the principles of photography, he has recreated a pinhole camera in the form of a small house,printed images directly on to white T-shirts,"Catch a shadow" Photogram workshops and tried walking across the surface of the paper as the photographic image is being formed in an effort to feel the photo.

Exhibition:「Mite! Okayama」(Okayama Prefectural Museum of Art 2006),「Eternal Echo」(NY・A-forest-Gallery 2007),「Shadow of Bombed Trees」(KAPL -Koshigaya Art Point Laboratory- 2012),「Kagawa Yamanami Art Festival」(MONOHOUSE 2013) etc.

Workshop:「”Catch a shadow" Photogram workshop」in Moholy-nagy Exhibition (The Museum of Modern Art,Hayama 2011 & Kawamura Memorial DIC Museum of Art 2011),and (Nagano Prefectural Shinano Art Museum 2010, Kichijyouji Art Museum 2012) etc.

Action:Machi Art Project (2006-2009),5750 Exhibition(Action of Art Education 2009-2011),Saitama Muse Forum(2009-),Collaboration and contemporary dance(SAINOKUNI SAITAMA ARTS THEATER 2012 ) etc.




・WEB: http://asa19821206.wix.com/shunya-asami

・E-mail:dejivu04@yahoo.co.jp


Exhibition[展覧歴]

Workshop&Project[ワークショップ・プロジェクト]

Media[メディア掲載関係]

クリックしてご覧ください。









このブログ内のすべての記事や画像の無断転載を禁じます。
[PR]
# by shunya-asami | 2007-12-17 10:06 | プロフィール | Trackback | Comments(0)



浅見俊哉作品集    ©2016 by Shunya.Asami 全てのテキスト・画像の無断転載は固くお断りいたします。
by shunya-asami