日本建築美術工芸協会 30周年記念講演会にパネリストとして参加します

【実践発表のご案内】


パブリックアートの現在をめぐり現場から提言 
日本建築美術工芸協会 30周年記念講演会 


来る7/10(火)東京都千代田区の糖業協会ホールにて


日本建築美術工芸協会(aaca)主催の創立30周年記念講演会「現場からの提言~パブリックアートの現在-パブリックプレイスとアート・点から面へ アートな街づくりへの展開」でパネリストとして参加します。


d0135521_12301645.jpg


参加した芸術祭で行ったことと今後の展開についてお話しする予定です。

ぜひご来場ください。


d0135521_12303352.jpg

                                                                       
以下企画趣旨


都市の形成環境の視点から、桂有生横浜市都市整備局企画部都市デザイン室都市デザイナーと、山重徹夫中之条ビエンナーレ総合ディレクター、アーティストの浅見俊哉氏を招き、パブリックアートが真に市民の社会資産となり得ているのか、社会資産としてのパブリックアートのつくり方、価値の維持、まちづくりのベースとしての役割などを探る。

7月10日午後4時30分から7時30分まで。
定員は120人。
参加費は3000円(学生は無料)、交流会費は2000円。
申し込みは事務局・電話03-3457-7998。

一般社団法人 日本建築美術工芸協会
http://www.aacajp.com/
[PR]
# by shunya-asami | 2018-05-21 12:30 | NEW!最新情報 | Trackback | Comments(0)
個展のお知らせ @新宿 Beer & Cafe BERG -ベルクにて『呼吸する影』開催!

【展示のお知らせ @新宿 Beer & Cafe BERG -ベルク
                                         
来る2018.6/1から1ヶ月。
新宿東口改札出て15秒の@Beer&Cafe BERGにて展覧会を行います。
                                         
今回は制作7年目を迎えたヒロシマの被爆樹木のフォトグラムを中心に構成した展覧会となります。
                                         
新宿での個展は、2014年にニコンサロンで開催した以来4年ぶり!
https://asaworks.exblog.jp/23606859/
                                         
多くの人が行き交う新宿のオアシス的なスペースで、作品が何を語りだすか今からとても楽しみです。
                                         
ぜひお仕事の前に、後にご来場をお待ちしております!

                     

                                    

●展覧会名:

「呼吸する影-Breathing Shadow of Bombed Trees-」
浅見俊哉作品展


d0135521_21363491.png
       

                                
●会期:
2018.6/1(金)〜30(土)
7:00-23:00
(6/11休館)
           

                            
●場所:
Beer & Cafe BERG -ベルク
JR新宿駅東口改札を出て左、15秒
ルミネ エストB1
東京都新宿区新宿3-38-1LUMINE EST B1
http://www.berg.jp/
                   


                    
●展覧会紹介:

ヒロシマにある被爆樹木を知っていますか?


被爆樹木とは爆心地から約2キロ以内で、被爆しながらも生き延びた樹木を指し、約160本あります。


本展覧会は、ヒロシマに現在も生きる被爆樹木の影を太陽光を用いて感光紙に直接焼き付け、撮影された写真(フォトグラム)の展覧会です。(作品は2012年から2017年に制作)

この樹木と出会ったのは2012年。


東日本大震災を契機にヒロシマを訪れた時、爆心地から最も近い370mの場所に佇む、シダレヤナギと出会いました。初めてこの樹木に触れた時、大きな感謝の感情が湧いてきたことを今も鮮明に覚えています。


それから毎年ヒロシマに行き、被爆樹木の今の時間を焼き付けることがライフワークとなりました。


是非お時間許す限り作品をご高覧いただければ幸いです。


d0135521_21364083.png

     

                                                    

●作家略歴:

浅見俊哉(Shunya.Asami)


■1982 東京都生まれ。写真作家・ワークショップデザイナー


■主な作品出品は、Mite!おかやま(岡山県立美術館 )、Eternal Echo(NY・A-forest-Gallery)、呼吸する影
-被爆樹木のフォトグラム- (ニコンサロン・旧日本銀行広島支店・galleryG・GALLERIA San FRANCESCOItaliaなど)、かがわ・山なみ芸術祭2013・2016、中之条ビエンナーレ2017など。


■主なワークショップに、モホイ=ナジ・インモーション展関連WS『影をつかまえる』(神奈川県立近代美術館・葉山/DIC川村記念美術館 )、紙上の技法学関連WS(武蔵野市立吉祥寺美術館 )などがある。


■ホームページ:http://asa19821206.wixsite.com/shunya-asami


d0135521_21364614.jpg




[PR]
# by shunya-asami | 2018-05-17 21:38 | NEW!最新情報 | Trackback | Comments(0)
「CIDユネスコ東京グローバルダンスフェスティバル2018」で作品展示・ワークショップを開催します!

【作品展示・ワークショップのお知らせ】


来る2018年5月26日(土)・27日(日)の2日間

「CIDユネスコ東京グローバルダンスフェスティバル2018」にて小作品展示+ワークショップを開催します。

どうぞ皆様ご来場いただければ幸いです。


d0135521_13335364.png
                                                            

「影をつかまえるー日光写真を撮ろう!ー」

カメラを使わずに太陽光と感光紙(ジアゾ感光紙)や感光布を用いて写真を撮るワークショップ。

光による感光面の「日焼け」が写真であるという写真の原理がシンプルに体験出来ます。

自分の大切にしている思い出の品や会場の周りにあるものをモチーフに画面を構成します。

光による影の生まれ方や、感光紙に映像が焼き付く時間を意識しながら作品制作をします。 

In the workshop, we use sensitized papers(cloths)and sunlight to take photos without cameras.

You may experience a principle of photos utilizing discolored sensitized paper by the light.

Objects are anything, your treasured items, fallen leaves and flowers,dust on thestreet you pick up.

It takes time to make photogram. The photos give us the experience of time codeveloping and awareness of light and shadow.

                                                            

●開催名称:
CIDユネスコ東京グローバルダンスフェスティバル2018


●開催日:
2018年5月26日(土)27日(日)


●場所:
厚木市文化会館 小ホール・展示室
〒243-0032 神奈川県厚木市恩名1-9-20


●ホームページ:
https://cidtokyodancefes2018.wixsite.com/japanese
  
●企画詳細:
https://cidtokyodancefes2018.wixsite.com/japanese/blank-10




[PR]
# by shunya-asami | 2018-05-15 13:35 | NEW!最新情報 | Trackback | Comments(0)
大宮ソニックシティが国連のようなイメージに!? 35枚の「食の万国旗」が掲げられました!
【食の万国旗ーFood Flag of all over the world】

d0135521_16402535.jpg
d0135521_16403429.jpg
d0135521_16403181.jpg
去る2018年5/6の1日限定で「食の万国旗」を大宮ソニックシティの掲揚塔に展示しました。

この展示は「埼玉アートフェスティバル2018」の企画の中で実現したものです。

普段35本の掲揚塔に作品をはためかせる機会はそうそうないので1日限りの展示でしたが、気合いを入れて制作をしました。

青空の下、5月の爽やかな風にはためく姿はとても気持ちよかったです。


以下は作品の説明です。

 輸入食材をモチーフに35種類の食材を使い、「食の万国旗」を制作しました。
おなじみ、昔は日光写真と呼ばれていたカメラを使わずに写真を撮る方法(サイアノタイプのフォトグラム)で制作。
国は原産国(一部地域)を表し、日常生活で手にする食材を通して日の丸を描きました。
それにより、様々な国との繋がりにより「日本」は形づくられているイメージを表現しようと試みました。
あなたの身の回りにある輸入の品ではどのような「日本」が描けるでしょうか?

 I made 35 works using imported foods.I used a technique called photogram to take pictures without
using a camera.I used the ingredients I get in my daily life and drew the Hinomaru. I became an
opportunity to discover the connection with various countries again through work creation.


サイズ:105cm×70cm

技法:サイアノタイプ

素材:綿布

制作年:2018年



掲揚塔の下には日の丸を描いた輸入食品の原産国と配置の様子のパネルを展示しました。

d0135521_16402995.jpg

d0135521_16495762.jpg
d0135521_16495575.jpg
d0135521_16495334.jpg

35枚の「食の万国旗」がはためき、ソニックが国連のようなイメージになりとても不思議な感覚になりました。


今度はご当地モノで県の旗シリーズとかも面白いかもしれません。

制作を終えても食品パッケージを裏返して原産国名を気にしてしまうのはこれからも続きそうです。


貴重な展示機会をいただきました、埼玉アートフェスティバルの関係者の方々に深く御礼申し上げます。



「埼玉アートフェスティバル2018」

日時:2018/05/06(日)
時間:10:00〜16:00
会場 :鐘塚公園
主催:公益財団法人 埼玉県産業文化センター
共催:さいたま市、NHKさいたま放送局(NHK公開収録のみ)
後援:埼玉県、埼玉県教育委員会、さいたま市、さいたま市教育委員会、埼玉県吹奏楽連盟、埼玉県合唱連盟、NHKさいたま放送局、FM NACK5、テレビ埼玉、テレビ埼玉ミュージック、J:COM、朝日新聞さいたま総局、埼玉新聞社、産経新聞さいたま総局、東京新聞さいたま支局、日本経済新聞社さいたま支局、毎日新聞さいたま支局、読売新聞さいたま支局
協賛:大宮ソニックシティ株式会社




[PR]
# by shunya-asami | 2018-05-07 16:56 | Trackback | Comments(0)
足袋の街!行田でワークショップを開催しました!
去る2018.4/22。

近年「陸王」や「のぼうの城」などで有名な日本遺産「埼玉県行田市」でワークショップを開催しました!


d0135521_12222556.jpg
この企画は2018.5/6に大宮ソニックシティにて開催される「埼玉アートフェスティバル2018」に向けて実施されました。


行田ならではの足袋を焼き付けるフォトグラムも生まれました!

d0135521_12243855.jpg
d0135521_12251996.jpg
d0135521_12250964.jpg
d0135521_12253252.jpg


完成した作品は、埼玉のアートシーンをつなぐこの企画に行田の皆さんの作品も展示する予定です。

どうぞお楽しみに!!

SeeSewによる
「埼玉アートフェスティバル2018」の事前ワークショップ

2018.4/22
@行田商工センター


・SeeSewとは?

 2014年に結成した、写真家・浅見俊哉と衣装家・田村香織のアーティストユニット。
写真家と衣装家の視点を活かしたワークショップの開催やプロダクトを提案しており各々の技とアイディア、場の特徴などを混ぜ合わせた自由な発想で活動しています。
 2015年は「時間のきものプロジェクト-time dress project 2015-」と題し、四季の時間を写し取った着物を制作しました。
 2016年は「sunlight flag project2016」として参加者それぞれの「自分旗」をつくり、作品を繋ぎあわせ空間を構成する作品を展開していきます。
seesewの独自性は一つの視点に留まらず2次元(写真・布)、3次元(衣服)、4次元(w.s、身体表現)へと展開し分野の垣根を越え多様な表現を実現できる点にあります。

http://seesew2014.wixsite.com/seesew


d0135521_12234927.jpg

「埼玉アートフェスティバル2018」

日時:2018/05/06(日)
時間:10:00〜16:00
会場 :鐘塚公園
主催:公益財団法人 埼玉県産業文化センター
共催:さいたま市、NHKさいたま放送局(NHK公開収録のみ)
後援:埼玉県、埼玉県教育委員会、さいたま市、さいたま市教育委員会、埼玉県吹奏楽連盟、埼玉県合唱連盟、NHKさいたま放送局、FM NACK5、テレビ埼玉、テレビ埼玉ミュージック、J:COM、朝日新聞さいたま総局、埼玉新聞社、産経新聞さいたま総局、東京新聞さいたま支局、日本経済新聞社さいたま支局、毎日新聞さいたま支局、読売新聞さいたま支局
協賛:大宮ソニックシティ株式会社


https://www.sonic-city.or.jp/?sc_information=「埼玉アートフェスティバル2018」を開催し




[PR]
# by shunya-asami | 2018-04-25 12:25 | フォトグラムWS実践編 | Trackback | Comments(0)



浅見俊哉作品集    ©2016 by Shunya.Asami 全てのテキスト・画像の無断転載は固くお断りいたします。
by shunya-asami