カテゴリ:展覧会・作品:2018( 3 )
【作品展示のお知らせ】「忍町アートギャラリー」埼玉県行田市

明日4/17から「のぼうの城」や「陸王」で話題沸騰の埼玉県行田市で開催される『第12回・忍町(おしまち)アートギャラリー』に作品3点を展示しています。


今日は作品の搬入に行ってきました。


展示場所の一つの中島邸では、アーティストで行田市議会議員の野本さんの等身大の影の作品「MAN-PRINT -SHOHEI NOMOTO-」を展示しました。


d0135521_22114179.jpg
d0135521_22114302.jpg


アーケード街の入り口に現れた作品は観る人にどのような印象を与えるか今からとても楽しみです。


展示は明日4/17から5/17までです。

皆様のご来場をお待ちしております。


d0135521_22111018.jpg
d0135521_22111547.jpg
d0135521_22111869.jpg


メイン会場:牧禎舍
埼玉県行田市忍1-4-11

秩父鉄道行田市駅南口より徒歩5分
JR高崎線吹上駅北口下車
朝日バス 前谷「商工センター」下車徒歩3分


[PR]
by shunya-asami | 2018-04-16 22:12 | 展覧会・作品:2018 | Trackback | Comments(0)
作品展2日目が始まりました。

【作品展示・本日2日目】


d0135521_11400112.jpg


作品も呼吸をしています。



「いのちのあやとり- String Figure of Life -」


4/5-4/8
東京木場のアースプラスギャラリーで未発表作品を含む作品を展示しています。


ギャラリーを通して生まれたギタリスト、ピアニスト、衣装デザイナーとの関わりによる特別企画も開催します。会期中は全日フォトグラムワークショップを実施します。


d0135521_11400769.jpg


本日開催の関連プログラム

□特別企画「高谷秀司×時広真吾/青蓮」
4/6(金)OPEN19:00 START 20:00
前売券 3000円、当日券4000円
「別途、+1drinkorder(¥500)がかかります」
終演後作家によるアーティストトークを行います。

まだ前売りも可能です。
お仕事帰りに是非木場へお立ち寄り下さい。


d0135521_11400301.jpg
d0135521_11400526.jpg


EARTH+GALLERY
〒135-0042 東京都 江東区木場3丁目18-17


[PR]
by shunya-asami | 2018-04-06 11:42 | 展覧会・作品:2018 | Trackback | Comments(0)
【作品発表のお知らせ】いのちのあやとり-String Figure of Life-

【作品発表のお知らせ】


本日は東日本大震災から7年目の日。
東日本大震災を契機に制作が始まった

『呼吸する影』
http://asa19821206.wixsite.com/shunya-asami/works2

その作品は自分自身に思いがけない経験をもたらし、成長をさせてくれます。


今回の企画は、ギタリストの高谷秀司さんとシンガーソングライター小川紗綾佳さんと作品を通して言葉の必要のない感覚の共有をした出会いから生まれました。
その後、衣装デザイナーの時広さんと作品を通して交流し今回の企画が構成されました。

未発表の初期の作品から最新作で構成したインスタレーションを発表したいと思っています。

皆さま、どうぞご来場ください。
                                                                                           

いのちのあやとり

String Figure of Life


d0135521_19412268.png
d0135521_19412652.png


■企画概要:

 EARTH+GALLERYでは、様々な表現方法を持つアーティストを招聘し、ギャラリー空間を生かした企画を展開しています。
 今回の企画「いのちのあやとり」は、写真作家:浅見俊哉の代表作品「ヒロシマにある被爆樹木の時間」を焼き付けた『呼吸する影-被爆樹木のフォトグラム-』を見た、日本を代表するブルースギタリスト:高谷秀司との出会いによって生まれました。
さらに、国内外で高い評価を得る、舞台衣装デザイナー:時広真吾も加わり今という時間の重なりと瞬間瞬間で生まれ変化する、かたちや音を追求する作品を発表します。
 才能溢れるアーティストたちの重層的な表現の重なりによってどのような感覚が生まれるのか、ぜひご来場いただければ幸いです。
 会期中は「農業と芸術は、自然と人が共存していることを表現し人々に伝え届けること」を目指す取り組み「ARTISTs&FARMERs MARKET」も開催します。ぜひお立ち寄りください。


■日時:
2018 4/5(木)-8(日)
11:00-19:00
(関連プログラム以外は入場無料。作品展示をお楽しみいただけます)


■関連プログラム:

□特別企画「高谷秀司×時広真吾/青蓮」
4/6(金)OPEN19:00 START 20:00
前売券 3000円、当日券4000円
「別途、+1drinkorder(¥500)がかかります」
終演後作家によるアーティストトークを行います。


□神雅氣 -shinki-(高谷秀司・小川紗綾佳) LIve  
4/7(土)OPEN19:00 START 20:00  
前売券 4000円、当日券5000円
「別途、+1drinkorder(¥500)がかかります」
終演後作家によるアーティストトークを行います。

4/6・4/7の企画への前売り券ご希望の方はsatake@coexist-tokyo.comへ
氏名・連絡先記載の上申込下さい。
※参加アーティストへの直接予約でも承っております。


□影をつかまえるフォトグラムワークショップ
会期中全日15:00-17:00
記憶の品、捨てられない品を持参して下さい。
1回1000円(出入り自由)


■参加アーティスト:


□高谷秀司 Hideshi Takatani
 ギタリスト・作曲家。
 1985年に渡米後、ラリー・カールトン、デューク・ジョーダンらと共演。 人間国宝山本邦山を迎えた「大吟醸」や、デビッド・マシューズとのアルバム「G2 NewYork Recordings」など幅広く活動する。斬新な手法と繊細かつ大胆な音楽表現は、ヨーロッパ・アメリカを始め世界中の観客を魅了し続けている。次世代の教育にも力を注ぎ続ける。アートアカデミーを設立し、学生だけでなく企業に向けて感性教育を展開する。


□浅見俊哉 Shunya.Asami
 写真作家・ワークショップデザイナー・キュレーター。
主にカメラを使わずに写真を撮るフォトグラムの手法で作品制作を行い国内外で発表する。
 代表作は、東日本大震災を契機に広島に訪れ、広島の被爆樹木の時間を撮り続ける『呼吸する影-被爆樹木のフォトグラム-』がある。
写真作品制作の他に、美術教育の視点や方法論を応用した造形ワークショップ、アートプロジェクトなどのフィールドワークも活発に展開する。


□時広真吾 Shingo Tokihiro
 衣装デザイナー・演出家。
 「文学的な叙情」と評される東洋と西洋が調和した独創的なのスタイルで、国内外の様々な分野の舞台で活躍する。衣装展・ワークショップも各地で開催。
85 年にオフィスリリック設立。91 年にモーツァルトのオペラ「魔笛」より、舞台衣装デザイン 開始。2010年より、市民芸術運動の復興を目指す「美の種」プロジェクトを展開し、社会と芸術を繋ぐ運動を続けている。海外ではオールラウンド・アーティストとして評価される。


□小川紗綾佳 Sayaka Ogawa
 シンガーソングライター、作曲家。
武蔵野音楽大学卒業。作曲家・筒美京平が『10年に一人の歌声』と評し楽曲を提供するなど、魂が浄化されるような透き通ったボーカルと、心に溶け込むようなピアノが好評を得ている。 CMソング、ラジオテーマソング、イメージソング、歌手への楽曲提供を多数手がける。フランス・イギリス・アメリカ・台湾・ベトナムにて公演を行い各地メディアに取り上げられ好評を得ている。教育現場・医療現場では音楽を通して『自分らしく生きる喜び』を伝える活動も広げている。


□青蓮 Seiren
 装艶 パフォーマー。
 衣装デザイナー時広真吾の専属パフォーマーとして
国内はもとより、中華人民共和国、マレーシアなど海外の舞台にも招かれ、ファンも多い。
演技でもダンスでもない衣装に語らせる独自の表現形式「装艶」の創始者。その圧倒的な存在感は登場した途端、場の空気を帰ると評価されている。


□神雅氣 -shinki-
 日本を代表するブルースギタリスト高谷秀司と、
沈黙の次に美しい歌声をもつシンガーソングライター小川紗綾佳による魂の音楽ユニット。
日本人離れした2人のグルーヴと、繊細でダイナミックな音色は、『宇宙を彷彿とさせる』と定評がある。
 日本でのコンサートの他に、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど海外でも多数、公演を行い、老若男女問わず虜にするパフォーマンスで人々を魅了し、各地メディアに取り上げられる。 日本の“雅”、“人類の真心”を伝え、その繊細かつ大胆な表現で世界中のオーディエンスの納得を得ている。


■同時開催:

ARTISTs&FARMERs MARKET

人が作物をつくるのではなく、土と自然環境が作物を育てる。私たちEARTH PLUSは、「農業と芸術は、自然と人が共存していることを表現し、人々に伝え届けること。」と考え、芸術だけでなく、環境保全型農業を応援しています。
 農薬や化学肥料、防腐剤などを極力使用せず、土のもつ働きを大切にして栽培している自然栽培の野菜や市場ではあまり流通していない生産者だけがその美味しさを知っている皮ごと食べれる果物などをイベント期間中販売いたします。
 そして、作家の個性光る笠間焼のオーナーコレクションの器やマグカップ、日常で使い易い波佐見焼などの陶器を同時にご紹介、特別価格で販売!ぜひお立ち寄りください。


■会場:


EARTH + GALLERY


〒135-0042
東京都江東区木場3-18-17

東西線 木場駅3番出口徒歩6分
東西線 大江戸線 門前仲町駅1番出口徒歩10分

Mail address:satake@coexist-tokyo.com
Web site :http://earth-plus.net/


                   
[PR]
by shunya-asami | 2018-03-11 19:42 | 展覧会・作品:2018 | Trackback | Comments(0)



浅見俊哉作品集    ©2016 by Shunya.Asami 全てのテキスト・画像の無断転載は固くお断りいたします。
by shunya-asami